シノビノ 一覧

おじいちゃんから目を離すな! サンデー39~41号「シノビノ」感想

シノビノ

 『おじいちゃんカッコイイ系スニークアクションマンガ』という新境地を切り開きつつある「シノビノ」。

 この作品、基本的には「ペリー提督が、開国へ向けて交渉するよう依頼する大統領の親書を日本に渡すために来航。その際、沢村甚三郎という忍者が藩主の命を受けてペリー艦隊に忍び込んで探索を行った」という史実に基づいたマンガではあるのですが、でもマンガなので史実を割と大胆に解釈しており、このマンガのペリーは開国交渉どころかガチで日本を侵略する気マンマンですし、一方の甚三郎が受けた命令は「ペリー艦隊の探索」ではなく「日本を侵略しに来たペリーの暗殺」であるという、日米共に実に殺意に溢れたテーマになっているところが特徴です。
 主人公の甚三郎は、普段は割と飄々としているというか、ちょっと抜けているように見えるおじいちゃんなので油断しがちではありますが、彼はリアル忍者なので殺す時は「忍んで殺す」をきっちりと実行できる男であることを忘れてはなりません。

 サンデー39号で「如何にも残忍で強そう」という感じの重要キャラのように登場したジュロームが、その次のサンデー40号では僅かなスキを甚三郎に突かれてあっけなく殺されてしまう展開がありましたけど、これなんかはまさにこのマンガならではの展開だと思います。

 ジュロームは、艦内で誰も気付いていなかった甚三郎の存在に気付き、(甚三郎が艦内に侵入する時に使った)猫の匂いを辿って彼を発見、剣術で彼を圧倒して追いつめるという、極めて優秀かつ強力な剣士であることが伺える描写がなされていました。その一方で彼の立ち振舞いは極めて少年マンガ的でもあり、甚三郎を追い詰めた時にはわざわざ「降参している老人を殺すのは…耳や目鼻を削ぎ落とした後でも遅くないな」と呟くなど、「残酷な性格」という設定そのままなサディスティックな判りやすい言動をしてました。総じて、少年マンガならありがちな行動だと言えます。

 一方の甚三郎は、そんなジュロームの性格を見抜いていたに違いありません。追い詰められて刀を突きつけられているにも関わらず、すぐには殺されないと悟った甚三郎は降参のポーズをしつつ手から時計を出したり携帯食を出したりしてジュロームの注意を引き続け、そして予め酸っぱい携帯食を食べさせていた子牛が吠えて暴れだした時にジュロームがほんの一瞬油断して目を逸らせた時を見逃さず、これも予め用意していたであろう「握り鉄砲」でジュロームのコメカミを撃って一撃で射殺という、実にあっけない方法でジュロームを倒しました。

 これが普通の少年マンガだったら、せっかくジュロームのキャラを立てたんだからもうちょっ甚三郎との戦闘シーンを引っ張ろうとか、負けるにしても殺さずに再登場の機会を伺わせるとかするところだと思うんですけど、実際には甚三郎は真っ当にジュロームと戦うことなく勝利をもぎ取りました。つまりこのマンガが描いているのは「ペリー暗殺を目的に行動する一流の忍者の流儀」であり、忍者の流儀では少年マンガ的な必殺技が飛び交うような映える格闘シーンは必要ないということなのでしょう。

 そして勿論、そういった行動に説得力を持たせる甚三郎の「普段はちょっと抜けているけど、忍者としての気概は本物」であるキャラクター性も魅力的です。おじいちゃん超かわいいです。

 そういった意味においても、この「シノビノ」は、少年マンガ誌に載っている普通の忍者アクションマンガとは趣きが異なっているなと感じる次第です。ある意味、今のサンデーらしいと言えるのかも知れません。
 個人的には、ジュロームはここで散るのが惜しいキャラなので、甚三郎に撃ち抜かれた頭の代わりに切り落とした牛の頭を乗せたゾンビとして復活しないだろうかと思っているのですが、残念ながらそういうマンガではないので望みは薄そうですね…(残念なの?)。

THE UNLIMITED 兵部京介(2) (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館 (2015-04-24)
売り上げランキング: 143,625

仙太郎ってちょっと気弱なアンディっぽくない? と思ったけど、あんまりそうじゃなかった


「シノビノ」はおっさん萌えマンガ説 サンデー33~34号「シノビノ」感想

シノビノ

 幕末を舞台にした忍者アクションと言うと、アイレムの「最後の忍道」を思い浮かべる人?(おっさんゲーマー向け挨拶)

 サンデー33号より、「少年サンデーに史上最高齢主人公見参!」のキャッチコピーと共に連載が開始された「シノビノ」。作者は、かつて「THE UNLIMITED 兵部京介」のコミカライズ版を手掛けた大柿ロクロウ先生。

 作品としては、幕末の時代に実在し、ペリー艦隊に忍び込んで隠密活動を行ったことで知られる沢村甚三郎を主人公にした、硬派かつ破天荒な歴史アクションコミック──という体を取ってはいますが、その実態は、時にカッコ良かったり時に可愛かったりする主人公の甚三郎さん58歳の一挙手一投足に我々読者が萌えまくるという趣旨の、おっさん萌えマンガであると思われます。

 この沢村甚三郎というおっさん、「忍びにとっての華は、たとえどんな偉業を成し遂げようが名を残さず闇に消える…それこそが華なのさ」という台詞が象徴しているように、基本的にはハードボイルドな性格で、最期の忍者としての誇りを持っており、任務のために必要とあらば躊躇なく人をバッサバッサと殺していく冷徹さをも持ち合わせている真っ当な暗殺者なんですけど、その一方で任務が絡まない日常パートではヨダレを垂らして寝ていたり、キセルを加えてボケていたり、隠密に狙われていると感づいた時に身代わりとしてクマを布団に寝かせておくなどのお茶目な一面も持ち合わせているところがカワイイと思います。いやマジで。

 また、シリアスな人殺しの真っ最中に腰が痛くなって息が上がってしまうところも、58歳という年齢を感じさせて実に良いです。忍者としての凛々しさと好々爺的な愛され要素のバランスが絶妙で、おっさん萌えキャラとしてのポテンシャルの高さを第二話にして早くも伺わせていると言えましょう。

 あとこのマンガ、第二話までの段階ではモブキャラ以外では一切女性キャラが登場しておらず(甚三郎の死別した妻の名前は出てきますが)、第一話の扉絵に描かれた今後登場するであろう主要キャラクターにも女性キャラがいないなど、サンデーでは異例とも言える女っ気が全然ない作品なんですが、主人公の甚三郎がおっさんなのにも関わらず十分にカワイイためか、全くそれが気になりませんでした。むしろ甚三郎がヒロインなのでは? と思えるくらいです。

 現在のサンデーには既に、天正遣欧少年使節団を題材にした歴史コミックと思わせておきながら、実際にはけなげ・いたいけ・はかなげな要素を持ち合わせた美少年達の振る舞いに読者が萌えることが主旨である(決めつけ)「天翔のクアドラブル」が連載されていますが、この「シノビノ」はそれに続く新たな歴史系萌えマンガとしてサンデーに投入されたに違いない! と、個人的に解釈しております。

 大柿ロクロウ先生は「THE UNLIMITED 兵部京介」でも超高齢な兵部京介をたいへんに魅力的に描いた実績がありますし、おっさんが主人公の作品を手がけることについては極めて信頼性が高い作家だと思っております。今後もまかり間違いなく面白くなるに違いない、この作品のこれからが楽しみです。

THE UNLIMITED 兵部京介(1) (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館 (2015-04-24)
売り上げランキング: 119,813

今読んでも面白いので、「絶チル」ファンの方なら是非


スポンサーリンク