GS美神極楽大作戦!! 一覧

コミックマーケット94 椎名高志作品関連サークル

※作品名が書かれていないサークルは、「絶対可憐チルドレン」「THE UNLIMITED -兵部京介-」の二次創作です。

8/11(土)
コミックマーケット 94 DVD-ROM カタログ
コミケット (2018-07-23)
売り上げランキング: 57

「GS美神25周年記念 椎名高志原画展」に行って生原稿に興奮しました日記

GS美神25周年記念 椎名高志原画展

 もう今日で終了してしまいますが、8/11~8/23に中野ブロードウェイ内のpixiv Zingaroで開かれていた、「GS美神25周年記念 椎名高志原画展」に行ってきました。自分が行ったのは19日です。

 椎名先生の原画展といえば、ちょっと前に秋葉原でやってましたよね? と思っていつのイベントだったのか調べてみたら、もう遥か昔である2009年の出来事でした。全然ちょっと前じゃないことに衝撃。そりゃ歳を取る訳ですよね…。


 椎名先生の原画に限りませんが、マンガにおける原画の魅力と言えば、やはり「漫画家が直接原稿に手を入れているが故に生じる『生』の迫力」に尽きます。

 ファンにとっては作者が直接手掛けた原稿を直接拝めるというのはそれだけで魅力的ですし、更には「筆で描いた跡」「ホワイトで修正した跡」「手書きの文字跡」「写植指定の跡」といった、実際の印刷には載らない様々な痕跡を見ることで、作者がその原稿を描いていた時の息吹を感じることができるのが素敵です。漫画家が原稿を作るために要された努力の全ての痕跡が、生原稿には残されているんですよ。
 原画展とは、その痕跡を鑑賞するためのイベントであると言っても過言ではないと思います。

 椎名先生が! アシスタントの皆さんが! 編集者の方々が! この原稿を仕上げるために費やされた全ての人々の努力の全てが! この生原稿の上に! 残されているんですよ! ですよ! 何かンもうちょう興奮しますよね! しますよね! 椎名先生の生の全てが、ここにあるんですよ! まだ若かった25年前の、椎名先生の生のアレが! もう辛抱たまらん!
 って感じで、会場に展示された原稿全てをハアハアしながら閲覧してました。いやもうすっごく楽しかったです(真顔で)。


 この辺のアナログ手書き原稿を見る楽しさについては、会場のオーナーであるpixivが「手描き原稿を間近で!『絶チル』椎名高志先生の原画展は見どころいっぱい!」という判りやすくて面白いガイド記事を作成して下さっているので、今後マンガの原稿を見る機会がある方はご一読をオススメします。

 個人的には、「精霊石が輝いている」効果を出すために使われたホワイトのぶちまけっぷりに最高にグッと来てました。椎名先生のホワイト液…!(しつこい)

 今回のイベントはTVアニメ「GS美神」アニバーサリー・ブルーレイ 発売記念という名目で行われたものだと思いますが、今後もぜひ何かの機会を作って原画展を開いていただきたいと思った次第です。
 次のチャンスは2019年のデビュー30周年記念か、2020年の「絶チル」15周年記念辺りでしょうか。その時まで何とか無事生き延びて、再び生きて生原稿を拝みたいものですね…(切実)。


GS美神 極楽大作戦!! 1 (小学館文庫 しH 7)
椎名 高志
小学館 (2016-08-18)
売り上げランキング: 18,402

美神令子さん、今見ると脚が長く描かれていてビックリ。「大人の女性」の表現の仕方の一つだと思う


生存報告+美神アンリミ感想日記

  • お久しぶりです(挨拶)。
  • GS美神」が掲載された先週のサンデー14号の感想を書く暇がないまま、サンデー15号の発売日を迎えてしまいました。何かこう、公私共にやること多過ぎ。
  • 今月末頃には多分ピークは超えると思うので、その辺になったらまたぼちぼち再開したいと思います。
  • GS美神」カムバックの後編を読んだ感想を一言で言うと、「美神さん丸くなったよなーあれでも)」でした。
  • 登場人物が美神・横島・おキヌ・信長・セイリュートの5名にほぼ絞りこまれているのも印象的でした。椎名先生のブログにも書かれている通り、相当シナリオを絞り込んだんだろうなという感じ。(「MISTERジパング」の実質的な主人公である)日吉すら出てこないのが徹底してます。
  • なので、ミソッカスが出るチャンスないのは致し方ないですね。
  • アンリミテッド」の9・10話も観ました。
  • 9話でのカタストロフィ号壊滅(に象徴される、兵部の野望が現実の前に敗れ去る演出)も凄かったですが、10話で明かされた、兵部の元にアンディを送り込んだ黒幕の存在もまた凄かったです。こういう手があったか!
  • 8話の早乙女隊長の兵部に対する執念を表現していた「お前は私だけのものだ」を、10話で改めて別のシチュエーションで使ってくる辺りにゾクゾクしましたね。「アンリミテッド」は本当に面白いなあ。


Misterジパング 4 (小学館文庫 しH 4)
椎名 高志
小学館
売り上げランキング: 679,960

「MISTERジパング」の終盤の展開は「絶対可憐チルドレン」に通じるテーマ性があると今でも思っているので、「アンリミテッド」で盛り上がっている今こそ読み直しても面白いかも知れません


スポンサーリンク
1 2