C-WWW 一覧

ライバル登場→即落ち記念 サンデー31号「保安官エヴァンスの嘘」感想

保安官エヴァンスの嘘

 「ハードボイルドな西部劇」と「いい歳した男女が織りなす思春期みたいなラブコメ」を組み合わせた全く新しい少年マンガである「保安官エヴァンスの嘘」ですが、連載開始三ヶ月弱にして早くもセンターカラー+2話連続掲載という待遇を受けるなど、早くも今年のサンデーを支える大人気マンガの風格を漂い始めている感があります。実際すごい面白いです。

 今週の「保安官エヴァンスの嘘」は、先週の予告で「エヴァンスにライバル出現!」 みたいなことが書いてあったので、果たしてどんな奴が出てくるのか? もしかしてフィービーにアプローチを仕掛けてくる恋のライバルなのか? 「ラブひな」以降の現代ラブコメマンガには恋のライバルキャラの存在は不要という結論が既に出ているのではないか? 大丈夫か? と一方的に不安がっていたのですが、実際に出てきた「エヴァンスのライバル」ことマシューというキャラは「エヴァンスの恋のライバル」ではなく、むしろ「エヴァンスを一方的にライバル視しているけど、これからエヴァンスのことがどんどん好きになっていく」系のサブヒロインの一人みたいな立ち位置のキャラだったので安心しました(褒めてます)。

 初登場時は「西部一のガンマン」として名が知られているエヴァンスに喧嘩を売ることで自分の実力を測りたかったっぽいのですが、エヴァンスとの決闘に負けても彼が自分を捕まえなかったのは彼が自分の心意気を汲んだからに違いないと勘違いし、彼を男の中の男だと認めたように思われます。
 再戦した時に拳で本気で殴られて「前回より本気で戦ってくれた」と嬉しそうだった感じからしても、既にマシューの中にはエヴァンスへのフラグが立っているんじゃないんでしょうか。そう解釈しました。

 逆にエヴァンスからすればマシューは「常に女を侍らせてモテてるいけ好かない男」としか見えていない上に、過去にフィービーと何かあったんじゃないかと疑念を抱かせる存在であるため、彼のやることなすこと全てがエヴァンスの癪に障るようになっているのも面白いところで、このマシューというキャラはフィービーの絡みも含めて今後このマンガをより面白くしてくれるのではないか? と期待しております。

 あと今回は、普段は「神聖モテモテ王国」のファーザーの妄想に出て来る歴史の偉人並のことしか言わない(=カッコイイけど役に立たない)エヴァンスの父ちゃんが、「モテる清廉潔白な男は鼻持ちならんから、敗北を教えてやれ!」「女の過去は問うな! 元カレとの話なんか聞きたくないしな!」と初めてタメになることを言ってたのも良かったと思います(そこか)。

神聖モテモテ王国[新装版]6 (少年サンデーコミックススペシャル)
ながい けん
小学館
売り上げランキング: 159,579

モテモテ王国、まだ旧コミックス6巻以降のエピソードが載ってるコミックス持ってないんですよね(私信)


Amazonで電子書籍版の配信が遅れた記念 サンデー30号感想

古見さんは、コミュ症です。

 サンデー27号において「古見さんの性欲」という新たな視点を手に入れた我々としては、今回のように古見さんが只野くんを男性としてモリモリ意識し出して赤面しまくる展開を見てしまうと、ンもう興奮を覚えざるを得ません(最低の感想)。

 個人的にグッと来たのは、前半の話で古見さんが消しゴムを忘れた只野くんを見かねて、自分の消しゴムを半分ちぎって床に落としたシーンです。自分から相手に意志を伝えることを大の苦手としていたあの古見さんが、只野くん相手にあんなに大胆な行動を取れるようになれるだなんて…! と胸が熱くなること請け合いでした。
 古見さんって、もし恋人と二人きりになれた時には、自分から積極的に(中略)なタイプなのかも知れない…と妄想するに十分なエピソードでしたね。只野くんがうらやましいなァ!(最低の感想)

天野めぐみはスキだらけ!

 前から思ってはいたのですが、まー君って勉強するのは好きな子だけど、すば抜けて成績が良いわけではなく、高望みし過ぎて自滅するタイプっぽいんですよね。勉学もそうだし、女子についてもそんな感じ。

 「美川さん」と「東大」は、今のまー君にとってはどちらもあまりに高嶺の花なのは明らかですし、仮にまー君が東大に受かって再会したとしても、その後のことは全く考えていなさそう(というか再会さえできれば自動的に美川さんと相思相愛の恋人になれると思い込んでそう)なことからしても、まー君にはどこかで自分の能力と将来、そして美川さんとの関係について考え直すチャンスを与えた方がいいんじゃないかという気がします。今のままでは、東大や美川さんどころか、身近にいる彼にとっての「青い鳥」であるはずの天野めぐみの魅力に気付けないまま、灰色の青春を送ってしまいかねません。
 何より、女目当てだけで大学に進学してもろくな事にならないのは「第九の波濤」が早くも証明してますので、まー君も勉強ばかりではなく自分の掲載誌の作品も読んだ方が良いのでは(感想?)。

 あと天野めぐみは、中学生の頃からムチムチな体型していてすごいと思いました。

キングオブアイドル

 作者の若木先生が「まほろ砲」と表現している、歌を全力で歌うと現れるまほろの巨大なちんこが再び火を吹きました。今度のまほろのちんこの相手は、名前からして鬼教官キャラである「鬼ヶ島」こと佳島先生。
 ルームメイトの瀬川はまほろのちんこの魅力で何とか説得することに成功しましたが、果たしてまほろのちんこは大人の女である鬼教官に通じるのか。ちんこの魅力で教官を落とさなければ、まほろのアイドルとしてのキャリアは、早くも死あるのみの状態に! 大人の女をメロメロにするオアダイ! という異常な展開に。異常なのは自分の解釈の方な気もしますが気にしない。

 今回の話を読んで思ったのですが、まほろのちんこは確かにこのマンガが普通の女装アイドルマンガではなく「キングオブアイドル」という独自のマンガであることを象徴する大きな差別化要因ではあるのですが、あまりに多用すると「またちんこが出たの?」と読者から思われてしまって飽きられてしまいかねない、諸刃の剣なのかも知れません。
 「女装男子の勃起したちんこに驚く女の子」という絵柄は強烈な魅力がありますが、だからこそちんこの露出を多用せず、ここぞという時に効果的に露出させる必要があるものなのではないのでしょうか。

 まほろの勃起したちんこは、「身も心も男の子だけど、母の面影を追うため、自分の正体を隠してアイドルの世界に足を踏み入れた」まほろが周囲に秘めるべきアイデンティティの象徴そのものであり、だからこそ滅多矢鱈に露出していいものではないのです。まほろのちんこをどのように露出させて行くのかは、まほろというキャラの命運、そしてこの作品の行く末をも握る、重要なポイントとなり得るものなのです。
 この辺が、ちんこという武器で戦うことを選んだこの作品のポイントなのかも知れないと、個人的には本気で思い始めています。

 それにしても、ホントこのマンガの感想は合法的に「ちんこちんこ」書けるので、まほろが勃起した回は感想を書くのが本当に楽しいです。みんなもマンガ感想ブログを始めて、ちんこちんことか書いてみよう!(最低)

天野めぐみはスキだらけ!(6) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-05-02)
売り上げランキング: 5,745

サンデー29号「キングオブアイドル」短め感想

キングオブアイドル

 今回は「仲間を勇気付けて一緒に試練を乗り越える」という極めて真っ当なアイドル育成モノっぽい話でしたが、このマンガはそういった正統派の物語と「主人公が実は男の子で、しかも歌うと否応なくちんこが勃起する。しかもちんこがでかい」という異常な物語を並行して進められるところが本当にマンガとして強いなと、つくづく感じている今日この頃です。
 次回はその異常性を垣間見させてくれる系統の話になりそうなので楽しみ。

 そういえば、今回まほろが歌ったにも関わらず勃起しなかったということは、まだあれは本気出していないってことなんでしょうか。本気出していない状態でもアイコスを起動させることができるくらいのアイドル力(ぢから)を発揮できるとなると、彼のアイドルとしての実力はまだまだ底知れないものがありそうです。勃起した時のちんこの実力は既に証明済みですけどねガハハハ(セクハラオヤジっぽく)。

神のみぞ知るセカイ(19) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-10-25)
売り上げランキング: 43,983

「K.O.I」は「神のみ」を描いていた頃からは想像できないマンガだと思います


スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 253