日記 一覧

小学館ビル見学日記

 お久しぶりです。

 小学館ビル:漫画家25人が落書き…建て替え、別れ惜しみ- 毎日jp(毎日新聞)

 昨日のことですが、都内に行く用事があったので、せっかくだからということで「取り壊されるビルに漫画家が寄ってたかって落書きした」ことで話題となっている小学館ビルに行ってきました。


小学館前のギャラリー インタビューを受けるギャラリー

 現地はすっかり観光名所となっており、沢山の漫画ファンの方々で賑わっていました。
 話題のスポットということもあってか、共同通信社のカメラを持った記者がファンに取材している姿も見られました。


ピョコタン先生 高橋聖一先生

 現在は建物の中には入ることはできず、窓に描かれた「落書き」を外から観られるのみとなっていますが、それでも落書きに参加した漫画家の方々が心底面白がってノリノリで絵を描いたことが伺える絵ばかりで、十分に楽しかったです。
 ビルが取り壊されるまでの刹那的なアートだからこその面白さ、というのもあるんでしょうけどね。

 以上、本当に普通の日記でした。
 オチはありません。


睡眠不足日記

睡眠不足日記

 睡眠不足はよくないですね(挨拶)。

 睡眠不足になると頭を使う系の業務の遂行に支障が出るだけでなく、本を読んだり感想を書いたりするために必要な集中力がなくなってしまうので、本当に何もできなくなってしまいます。
 そんな状態で唯一できるのはゲームくらい。最近は夜中になると「とびだせ どうぶつの森」の南の島で借金返済のために昆虫採集をするくらいしか能がない状態です。「とび森」の南の島は、楽しいはずのツアーですらコイン集めをするための作業ゲーと化してしまう恐ろしい場所です。南の島こわい。


 あと最近のサンデーでは「正しいコドモの作り方!」がじわじわ面白くなって来てます。
 このマンガ、冒頭の頃は大量の半裸の女の子が「抱いて!」と主人公の元に勝手にすっ飛んで来る80年前半的なノリの話だったのですが、こよみやユカリ先輩が登場してからはちゃんと個々の女性キャラの個性を掘り下げる、割と落ち着いたモダンなスタイルになって来ている印象。現在登場中のユカリ先輩は、「お姉さん顔してリードしたがるけど、根っこの部分がドジっ子なので色々と多大な隙がある」系の素敵なキャラなので、これからも頑張って欲しいですね。
 問題は、こよみの時と同様にこんな素敵な女性は悠には勿体ないという点なのですが。

正しいコドモの作り方! 3 (少年サンデーコミックス)
もりた 毬太 黒田 高祥
小学館 (2013-03-18)

このマンガの真のヒロイン・一ノ瀬こよみが登場するコミックス3巻が発売中


生存報告日記

 お久しぶりです。
 ついさっき、先週のサンデーに載っているマンガを全部読み終わりました(近況)。

 そういうアレですので、サイトの更新はお休みさせて頂きます。
 3月中は仕事が忙しくて、ちょっと身動き取れなさそうです(´・ω・`)。

 そして「アンリミテッド兵部京介」の最終話はリアルタイムで観れました。
 アンチエスパー能力を持ったアンディが兵部の側にいる必然性は、最期にこれをやりたかったからなのか! と唸らざるを得ない、素敵な最終回でした。私の脳内のパティさんも大満足です。


週刊少年サンデーS(スーパー)2013年5/1号

アンリミテッドのコミカライズ版もサンデーSでスタート。こちらも楽しみ


スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 16