C-WWW 一覧

コミケ2日目に行きました報告


 今日はものすごく普通の日記みたいな事書きます!(挨拶)
 今更な話になりますが、今年の冬コミは2日目(12/30)だけ行くことができました。

 当日は諸般の事情で会場には2時間くらいしかいられなかったため、絶チル→マリみて→企業ブースと、どうしても外せない巡回コースをピンポイントに絞る作戦を取らざるを得ませんでした。更に言えばお小遣いも少ないので、衝動的に本を買わないように頑張らざるを得ないという極限の精神状態で臨みました。

 絶チル関連サークルでは、前回買ってコンセプトにグッと来た「雲の王国」さんの新刊を無事入手することができたので良かったです。期待に違わぬオチが読めて満足。当日はお話のお相手をして下さり、ありがとうございました。
 あとマリみての方は、本編の方では祐巳と瞳子がスールになったにも関わらずなかなかイチャイチャしてくれないので、この二人がイチャイチャしている本を探してウロウロしてました(迷惑)。

 企業ブースのサンデーGXブースでは、恒例の「絶チル」テレカを入手。前回の冬コミの時とは違い、今回は普通に買えました。
 なお、「LOST+BRAIN」のテレカは見かけなかった気がします。もしかしたら既に完売していたのかも。将来レア度が高くなるという見込み買いが発生したのか?(ウソ)

 あとTBSのブースでは、春からのTV放送が始まることが決定している「ToLoveる」のパイロット映像を流していましたが、ちゃんとおっぱいを掴むシーンが入っていました。そういうニーズに応える気概が感じられ、好感が持てました。


あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 今年はもう少し更新頻度を増やして行きたいというか、思いついたことを溜め込まずに出力できるようにして行きたいなと思ってます。
 毎年そんなこと思っているような気もしますが。

更新情報:

 1月の恒例行事として、このサイトの表紙をおキヌちゃんバージョンに差し替えました。


一番湯のカナタ1~3巻発売中♥ サンデー4+5号絶チル感想

絶対可憐チルドレン

 本当に全部四コママンガだったよ! すげえ!
 と、判っていてもあえて驚いてあげるのがファンの勤め!(挨拶)

 なお今回の最期に出てきた亡霊について一応補足しておきますが、これは「一番湯のカナタ」という椎名先生のサンデーにおける前連載作品です。2002年21号から2003年2号まで掲載。全29話。最期は打ち切りを食らって終了しました。このサイトにおける感想ページはこちら(新規書き込みはできません)。

 そして「休載した直後にカラー」が何故不吉なのかというと、「一番湯のカナタ」の場合、コミックス3巻に掲載されている「変身」編第一話が休載明けに一度センターカラーになったのですが、そのわずか8話後に作品そのものが打ち切られてしまったという経歴があるからです。
 当時は「センターカラーになった週で読者アンケートの結果が奮わなかったから打ち切りが決定した」とも、「センターカラーが掲載された時には既に打ち切りが決まっていた」とも言われたものですけど、まあ結果として打ち切りになったのは事実なので、今となってはどっちでもいいです。

 この事実から得られる教訓は、「普段は下位に掲載されている漫画が突然センターカラーに来た場合、編集部は『この回の読者アンケートの結果でこの漫画の人気を推し量りたい』という意図を持っていると推測されるので、ファンの人はちゃんとアンケート出しておいた方が良い」という事です。
 ですので、次回のサンデーで「絶チル」が巻頭カラーになった場合も、「重大発表って、もしかしてアニメ化の発表とかがあるんじゃね?」とかゆめゆめ油断することなく、ちゃんとアンケートを出すなどの形で応援して頂きたいと思いました。
 例えあと8週で打ち切られたとしても、「カナタ」の時みたいに悔いが残らないようにしないとね!(ドクロ)

 以下雑感。

  • 青山先生と畑先生に対して、キッチリ義理を返してますね。律儀だなあ。
  • 80-56-83なら十分じゃね?(何)
  • 私は皆本と身長が一緒なのに、体重が20kgも違う件について。
  • 朧さんがどんどんフツーに…(「絶望先生」で日塔奈美を嘆くような口調で)
  • 「絶対チルチル」は間違いなくテレ東規制に引っかかるので、関東U局で放送されているに違いないと見ました。
     これがテレ東だったら、おそらくパンチラにモザイクかかります。エロい。逆効果だ。
  • 「ボクに108人の妹が!?」という時点で原稿を叩き付けない薫を尊敬していきたい。

 そして、おそらくこんな機会は二度とないので、「カナタ」のアフィリエイトを張っておきます。
 最期のセンターカラーから打ち切りに至るまでのハチャメチャさが楽しめる3巻がお奨め。いやマジで。


スポンサーリンク
1 250 251 252 253 254 255 256 259