「シノビノ」はおっさん萌えマンガ説 サンデー33~34号「シノビノ」感想

シノビノ

 幕末を舞台にした忍者アクションと言うと、アイレムの「最後の忍道」を思い浮かべる人?(おっさんゲーマー向け挨拶)

 サンデー33号より、「少年サンデーに史上最高齢主人公見参!」のキャッチコピーと共に連載が開始された「シノビノ」。作者は、かつて「THE UNLIMITED 兵部京介」のコミカライズ版を手掛けた大柿ロクロウ先生。

 作品としては、幕末の時代に実在し、ペリー艦隊に忍び込んで隠密活動を行ったことで知られる沢村甚三郎を主人公にした、硬派かつ破天荒な歴史アクションコミック──という体を取ってはいますが、その実態は、時にカッコ良かったり時に可愛かったりする主人公の甚三郎さん58歳の一挙手一投足に我々読者が萌えまくるという趣旨の、おっさん萌えマンガであると思われます。

 この沢村甚三郎というおっさん、「忍びにとっての華は、たとえどんな偉業を成し遂げようが名を残さず闇に消える…それこそが華なのさ」という台詞が象徴しているように、基本的にはハードボイルドな性格で、最期の忍者としての誇りを持っており、任務のために必要とあらば躊躇なく人をバッサバッサと殺していく冷徹さをも持ち合わせている真っ当な暗殺者なんですけど、その一方で任務が絡まない日常パートではヨダレを垂らして寝ていたり、キセルを加えてボケていたり、隠密に狙われていると感づいた時に身代わりとしてクマを布団に寝かせておくなどのお茶目な一面も持ち合わせているところがカワイイと思います。いやマジで。

 また、シリアスな人殺しの真っ最中に腰が痛くなって息が上がってしまうところも、58歳という年齢を感じさせて実に良いです。忍者としての凛々しさと好々爺的な愛され要素のバランスが絶妙で、おっさん萌えキャラとしてのポテンシャルの高さを第二話にして早くも伺わせていると言えましょう。

 あとこのマンガ、第二話までの段階ではモブキャラ以外では一切女性キャラが登場しておらず(甚三郎の死別した妻の名前は出てきますが)、第一話の扉絵に描かれた今後登場するであろう主要キャラクターにも女性キャラがいないなど、サンデーでは異例とも言える女っ気が全然ない作品なんですが、主人公の甚三郎がおっさんなのにも関わらず十分にカワイイためか、全くそれが気になりませんでした。むしろ甚三郎がヒロインなのでは? と思えるくらいです。

 現在のサンデーには既に、天正遣欧少年使節団を題材にした歴史コミックと思わせておきながら、実際にはけなげ・いたいけ・はかなげな要素を持ち合わせた美少年達の振る舞いに読者が萌えることが主旨である(決めつけ)「天翔のクアドラブル」が連載されていますが、この「シノビノ」はそれに続く新たな歴史系萌えマンガとしてサンデーに投入されたに違いない! と、個人的に解釈しております。

 大柿ロクロウ先生は「THE UNLIMITED 兵部京介」でも超高齢な兵部京介をたいへんに魅力的に描いた実績がありますし、おっさんが主人公の作品を手がけることについては極めて信頼性が高い作家だと思っております。今後もまかり間違いなく面白くなるに違いない、この作品のこれからが楽しみです。

THE UNLIMITED 兵部京介(1) (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館 (2015-04-24)
売り上げランキング: 119,813

今読んでも面白いので、「絶チル」ファンの方なら是非

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すーちゃんの京言葉から垣間みえる人間性についての考察 サンデー32号「舞妓さんちのまかないさん」感想

舞妓さんちのまかないさん

 この号のサンデーの巻頭カラーページである「ホビーの楽園」において、「舞妓さんちのまかないさん」コラボで花街で働くリアルな舞妓さんに質問をぶつけるという趣旨の記事が掲載されていました。

 その記事の中で個人的に面白いなと思ったのは、『舞妓さんちのまかないさんの感想を聞かせて』という質問に対して、当の舞妓さんが『地元が訛りのある地方なので、すーちゃんたちも自分らと同じように言葉覚えるの大変やったろうなあって思いながら見てますねえ』と答えていたところ。
 京都の舞妓さんは、常に京言葉というか、現代ではあまり使われない花街独特の伝統的なコードを使うことを強いられる存在なので、舞妓となるからには言葉使いについても厳しく訓練されることは必至であると言えます。晴れて舞妓となったすーちゃんもまた、青森出身者が京言葉を喋るという地獄の試練を乗り越えて来たに違いありません(きめつけ)。

 そういった「訛り」の面から「舞妓さんちのまかないさん」を読み直してみると、「百はな」という名の舞妓になったすーちゃんはお座敷以外の場所でも常に京言葉を使っているのに対し、キヨは京言葉ではないごく普通の言葉で話していることが判ります。
 それは二人の郷里である青森に里帰りしている現在のお話でも例外ではなく、キヨの実家でキヨの祖母と話したり、二人の幼馴染である健太君と話している時でさえ、すーちゃんは終始京言葉を使っているという徹底っぷり。この辺は舞妓という職業の業というよりは、むしろストイックなまでに舞妓という存在に打ち込んでいるすーちゃんのキャラクターによるところも大きいのかも知れませんね。
 キャラクターの方言や言葉遣いという細かいところまで気を使っているのも、またこのマンガの魅力の一つなのではないかと思った次第です。

 お話の方は、キヨがすーちゃんや健太からたいへんに愛でられている様子が伺えて、とても良かったと思います。
 あと青森県における「イギリストースト」って、要するに静岡県における「のっぽパン」みたいなものなんだろうかと思いました(ローカルな話題に終始)。

舞妓さんちのまかないさん 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-07-18)
売り上げランキング: 1,226

コミックス2巻は18日発売とのこと。
このマンガは本当に素晴らしいので、サンデーの枠を超えた人気作になって欲しいです(真顔で)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバル登場→即落ち記念 サンデー31号「保安官エヴァンスの嘘」感想

保安官エヴァンスの嘘

 「ハードボイルドな西部劇」と「いい歳した男女が織りなす思春期みたいなラブコメ」を組み合わせた全く新しい少年マンガである「保安官エヴァンスの嘘」ですが、連載開始三ヶ月弱にして早くもセンターカラー+2話連続掲載という待遇を受けるなど、早くも今年のサンデーを支える大人気マンガの風格を漂い始めている感があります。実際すごい面白いです。

 今週の「保安官エヴァンスの嘘」は、先週の予告で「エヴァンスにライバル出現!」 みたいなことが書いてあったので、果たしてどんな奴が出てくるのか? もしかしてフィービーにアプローチを仕掛けてくる恋のライバルなのか? 「ラブひな」以降の現代ラブコメマンガには恋のライバルキャラの存在は不要という結論が既に出ているのではないか? 大丈夫か? と一方的に不安がっていたのですが、実際に出てきた「エヴァンスのライバル」ことマシューというキャラは「エヴァンスの恋のライバル」ではなく、むしろ「エヴァンスを一方的にライバル視しているけど、これからエヴァンスのことがどんどん好きになっていく」系のサブヒロインの一人みたいな立ち位置のキャラだったので安心しました(褒めてます)。

 初登場時は「西部一のガンマン」として名が知られているエヴァンスに喧嘩を売ることで自分の実力を測りたかったっぽいのですが、エヴァンスとの決闘に負けても彼が自分を捕まえなかったのは彼が自分の心意気を汲んだからに違いないと勘違いし、彼を男の中の男だと認めたように思われます。
 再戦した時に拳で本気で殴られて「前回より本気で戦ってくれた」と嬉しそうだった感じからしても、既にマシューの中にはエヴァンスへのフラグが立っているんじゃないんでしょうか。そう解釈しました。

 逆にエヴァンスからすればマシューは「常に女を侍らせてモテてるいけ好かない男」としか見えていない上に、過去にフィービーと何かあったんじゃないかと疑念を抱かせる存在であるため、彼のやることなすこと全てがエヴァンスの癪に障るようになっているのも面白いところで、このマシューというキャラはフィービーの絡みも含めて今後このマンガをより面白くしてくれるのではないか? と期待しております。

 あと今回は、普段は「神聖モテモテ王国」のファーザーの妄想に出て来る歴史の偉人並のことしか言わない(=カッコイイけど役に立たない)エヴァンスの父ちゃんが、「モテる清廉潔白な男は鼻持ちならんから、敗北を教えてやれ!」「女の過去は問うな! 元カレとの話なんか聞きたくないしな!」と初めてタメになることを言ってたのも良かったと思います(そこか)。

神聖モテモテ王国[新装版]6 (少年サンデーコミックススペシャル)
ながい けん
小学館
売り上げランキング: 159,579

モテモテ王国、まだ旧コミックス6巻以降のエピソードが載ってるコミックス持ってないんですよね(私信)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 252