桜庭の中には何が生まれたのか? サンデー12号 「BE BLUES!」感想

BE BLUES!

 みんな桜庭さんが、文字通りの最期の勇姿を見せた回。
 ありがとう桜庭さん! 感動をありがとう!(死んでません)

 いやもう私なんか、桜庭がボールを持った時、思わず脳裏でキャプテン翼の主題歌「燃えてヒーロー」が流れ始めましたね。ちょっとアレ見なエースが通るのアレです。
 実際、桜庭がボールを持ってディフェンダーをぶち抜いた瞬間、これまで散々桜庭のことを「真面目にやれ!」「そんな怠慢許せるわけないでしょ!」「何様だ!」と散々なじってきた優希達が、一斉にものすごい歓声を上げ始めたのが象徴的です。これぞ文字通りのスグレモノぞと街中騒ぐ状態であり、あいつの噂でチャンバも走る状態ですよ。

 桜庭はこの瞬間、ボールを持っただけで観客を湧かすことができる、本当の意味でのヒーローになりました。
 尊大な態度を取り続けた結果、周囲からクソクソなじられ続けたあの桜庭が! みんなの期待を一心に集めるスーパーヒーローに! いや実際桜庭さんは今もクソなんですけどね!(フォロー)

 しかし桜庭は既にこの段階で極限まで疲労していたため、ディフェンダーをかわして稲妻シュートを決めようとした瞬間、膝が折れて地面にへたり込んでしまいます。ここでスーパーヒーロータイムは終了。周囲から「ボール出せ!」と言われながらも、「俺様のボールだぞ!」と意地でボールをキープして自分で何とかしようともがく、いつもの桜庭に戻ってしまいました。
 これまでのこのマンガだったら桜庭がこのままKOされて終わりだったんでしょうけど、しかし今回の彼は違いました。肉体的にも精神的にも極限まで追い詰められた桜庭は、その心理状態が「俺様のボールだぞ!」から「やられてたまるか!」に変化。桜庭からのボールを期待してペナルティーエリアに走り込んできた龍に、クソクソ言いながらも自らパスを出すという行動を取ったのです。あの桜庭が、龍に自分からパスを出したのです。

 本来であれば、パスを出すならもっと早く判断するべきだったのかも知れませんが、桜庭がギリギリまでボールをキープしてディフェンダーの注意を引きつけ続けた結果、龍がペナルティーエリアに走り込む時間を稼いた上で絶妙なタイミングでボールを出すことで決定的なチャンスを作ることに成功した訳であり、客観的に見れば「桜庭の粘りが功を奏した」と評価できる形になったのではないのでしょうか。桜庭はそういう褒められ方は絶対に納得しないでしょうけど、自分の中にはそんな泥臭いプレイをすることができる選択肢があることには気付けたかも知れません。
 桜庭はこれまで、ミルコから命令されてパスを出したことはあっても、自分でボールをキープできないと判断して、ボールを奪われる前に他のプレイヤーにパスを出したことは、これまで滅多になかったと思われます。どんな形であれ桜庭が自分からボールを出したことは、彼にとっては極めて大きな変化なのです。

 ミルコは極限状態でボロボロになった桜庭を見て「やりたい事だけやってきた男だが…今、この時、何が残っているのか、彼に何が生まれるのか、何が、出せるのか、私はそれを見たい!」と言ってましたけど、現時点での結論としては「やりたい事ができなくなった時、己の意地を捨ててチームの勝利のためにチームメイトにボールを渡す」選択肢を持つことができたということになりそうです。
 これは本来なら当たり前のことなんですけど、桜庭がそういうことができるようになったというのは凄いことなんですよ。いやマジで。

 そして彼には、本当なら「勝利のためなら自分を活かすために献身的に動くことを厭わない、信頼できるチームメイトを得ることができた」ことにも気付いて欲しいところなんですが、もし桜庭がそれを自覚したとしても、どれを表には決して出さないで『俺様を尊敬しろ!』と言い続けるでしょうね。それでこそみんなが大好きな桜庭さんです。

 そんな桜庭からボールを受けた龍がシュートを放ったところで今回のお話は終わったのですが、もしこれが普通の少年マンガだったら、まず間違いなくゴールインするでしょう。しかしこのマンガは普通の少年マンガではなく、主人公の龍に(女子からモテモテになる以外は)艱難辛苦を与え続けることで有名な「BE BLUES!」ですので、まだまだ油断はできません。龍がボールを蹴った足が、直前のプレイで小早川に蹴られた右足であるというところも懸案事項です。
 「龍にボールを渡す」という桜庭の伝説のプレイは、果たして実を結べるのかどうか。ボールの行方が気になります。

燃えてヒーロー
燃えてヒーロー

posted with amazlet at 17.02.21
Sony Music Direct(Japan)Inc. (2016-05-20)
売り上げランキング: 18,676

おっさんホイホイとして非常に有効な曲」 はい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古見さんには尾根峰さんが友達として必要でした サンデー11号「古見さんは、コミュ症です。」感想

古見さんは、コミュ症です。

 お姉さん属性持ちの尾根峰さん登場回。

 このマンガに出てくる只野くんの同級生共は、基本的に一つの属性を極限まで高めたエクストリームな個性の持ち主ばかりであり、この学園を出たら一般的な市民生活を営むことが可能かどうかすら怪しい人がたくさんいるんですけど、その中にあってこの尾根峰さんは「ちょっとお節介だけど基本的には親切で、他人の恋愛感情を察することもできる、頼りがいがある同級生」という、このマンガでは極めて貴重なマトモな人材だと思われます。
 こんな普通にいい人が、本当にこのマンガに出てきてしまって大丈夫なの? と思ってしまうレベルで普通にいい人です。

 特に、「古見さんが密かに只野くんのことを想っている」ことを察した上で、その恋を応援してくれる同性の人物が登場したことは、古見さんにとっては大きな助けになるのではないのでしょうか。
 古見さんと接触のある他の同級生女子は、なじみはともかくとして後はヤンデレ属性とか下僕属性とか中二病属性とかそんなのばっかりであり、しかもみんな古見さんを「友達」というよりは「信仰の対象」として崇拝している始末なので、もし古見さんが只野くんとの関係について何か悩みを抱えていて相談しようと思ったとしても、彼女たちは相談相手として何の役にも立たないことは必至の有様です。
 そういう意味においても、普通に「同性の頼れる友達」として色々と色恋沙汰を相談できそうな相手を得られたのは、古見さんにとって非常に良いことだと思います。良かったですねえ古見さん。

 それはそうと最近のこのマンガ、ここ最近は特に「只野くんの周りに自然と女の子達が集まってドタバタ劇が繰り広げられる美少女わんさかコメディー」の体をなしつつあるような気がしてならないのですが、その辺はどうなんでしょうか。
 現在の只野くんは、古見さんとは既に事実上の相思相愛状態ですし、その上(色々な意味でおかしい人達ばかりであるということは置いておいて)女の子が常に周囲に寄って来るだなんて、実はものすごい羨ましい立場にいるんじゃないんでしょうか。

 何かちょっと彼が恨めしくなってきたので終わり。

古見さんは、コミュ症です。(2) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-01-13)
売り上げランキング: 383

古見さん2巻は顧客満足度(カスタマーレビュー)の高さにも注目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そばにいられればそれでよかった サンデー10号「舞妓さんちのまかないさん」感想

舞妓さんちのまかないさん

 主人公のキヨが何故舞妓の屋形でまかないさんとして働いているのかという過去を描いた話でした。端的に言えば、彼女は「舞妓に憧れてはいたけど、舞妓になりたかった訳ではなく、舞妓の側にいられればただそれで良かった自分に気が付いた」ということになるんでしょうか。

 今のキヨは舞妓さんの側でまかないさん役に徹しているだけで幸せそうなのでそれでいいとは思いますが、いつまでも彼女がこの場所で料理を作り続けることができるのか、そしてこの場所に留まり続けることが彼女にとってベストなのかどうかは、多分まだ判りません。

 これが並の少年マンガや少女マンガだったら、ここから彼女の運命が大きく変わって再び舞妓への道を歩むとか、本格的に料理人への道を志すようになる的なドラマが起こること必至なんですけど、でも多分これはそういうマンガではないので、しばらくはこのまま特に大きなドラマもなく、彼女は彼女が自分で決めた居場所で、大好きな舞妓さん達のために穏やかに働き続けることになるんじゃないんでしょうか。

 劇的なことが起こらず、ただ日常だけが続いていくマンガが少年誌に載ってるというのは、ホントにすごいことだと思います。「舞妓さんちのまかないさん」は、サンデーが大きく変わったことを象徴するような作品になるのかも知れませんね。

ちろり(8) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館 (2016-02-12)
売り上げランキング: 142,877

「ちろり」も一度ちゃんと通して読んでみたいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 246