探偵オペラの始まりだ! サンデー1〜2号 「探偵ゼノと7つの殺人密室」感想

探偵ゼノと7つの殺人密室

 先週のサンデーから始まった新連載。「ジーザス」の原作を書いていることで知られるベテラン作家の七月鏡一先生と、これが初連載作品となる杉山鉄兵先生のコンビという、ベテランとルーキーの組み合わせがマニア的には非常に興味深い作品です(やっかいな視点)。

 それでこの作品、ジャンル的にはいわゆる探偵モノに属しているのですが、この作品世界は非常に仰々しいというか、全ての物事が非常に大げさで、劇場的な殺人事件を起こすために世界の全てが作られていると言っても過言ではないと思われます。

 例えば、第一話の殺人事件は「過去にライバルに選手生命を絶たれ、恋人まで奪われた絶望から復讐に燃えた」元野球選手が犯人なのですが、その殺害方法は「ライバルがマウンドに立っている時に、スタジアムの天井から鉄筋を落として串刺しにする」という、極めて劇的なものでした。
 しかも、「そのスタジアムにはマウンド上に鉄筋を落とせる構造が最初から仕組まれており、それを使えば完全犯罪が行えるようになっていた」ことが明らかになり、更にはこの作品世界には「そのような完全犯罪のプランを作成し、それをばら撒いて犯罪が起こるのを眺めて楽しむ」という完全犯罪マニアとも言うべき人物が黒幕に存在しており、その黒幕は「あらかじめ殺人のための仕掛けを施した7つの建造物」を作っていることが次々と明らかになる辺りまで読み進めると、読者は誰もが「やべえ! このマンガはどこかおかしい!」と戦慄を覚えること請け合いです。

 つまりこの作品は、「密室で起こる完全犯罪を見てみたい!」という欲望のためだけに、わざわざ第一話の殺人スタジアムのような仰々しい人殺しギズモを満載した建造物を、7個も作っちゃうおかしい人がいる世界なんですよ。そして、それに立ち向かおうとする若き探偵が、我らが主人公の探偵ゼノなんですよ。探偵と完全犯罪者が最高に活躍できるためだけに作られた世界が、この作品の舞台なんですよ。個人的には、こんな仰々しい舞台設定があるだけで、ンもうゾクゾクして来ます。
 「あらかじめ殺人のための仕掛けを施した7つの建造物」! 個人的には、早くも2018年における声に出して読みたい日本語大賞の最有力候補です!

 そんな舞台設定が激しく魅力的なこのマンガですが、勿論登場する人物もその舞台に違わず魅力的です。
 特に主人公の探偵ゼノ君は「ぼくは記憶がない。だから人間というものがわからない! だから知りたい! 人はなぜ殺人なんて犯す?」と本気で訴える健気で儚げでいたいけな側面を持ちつつ、操作中には「人間がわからない」というところから来る明らかにコミュ症的な挙動の数々を繰り広げるコミカルな一面も持っており、非常に魅力的なキャラクターとなっています。
 そして第一話でゼノに「7つの殺人密室」のことを教えた直後に密室殺人の犠牲者となった曰く有りげな建築家の甲斐七楼、第二話に登場したミステリアスな甲斐の養子の三姉妹、「悪辣な公僕」を絵に描いたような人物である公安の姫宮警部など、出て来る人物がみんな一癖も二癖もあるヤバい人たちばかりであり、そういった意味でも「探偵と犯罪者が活躍するために作られた仰々しい作品世界」を彩るに十分な存在と言えるでしょう。

 なんにしろ、この「探偵ゼノと7つの殺人密室」は、探偵モノとは言えども「名探偵コナン」とは明らかに方向性が違った作品であることは間違いありません。これからの展開が楽しみです。

ジーザス(1) ジーザス JESUS (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-01-01)
売り上げランキング: 82,920

七月鏡一先生と言えばやはり「ジーザス」は外せないお年頃(=オッサン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです…😴 サンデー51〜52号の雑感

BE BLUES!

 おそらく、今後の全国大会編や日本代表編に登場するであろうキャラクター達の顔見世的な側面もあったであろう、高校選抜合宿編が終了。

 51号でレノンが高虎に怒りのタックルを入れたところが、今回のエピソードにおける個人的な最萌えポイントでした。「ウチの子に何するのよ!」って感じで保護者としては黙っていられない感があって良かったです。

 あと今回の高校選抜合宿編では、序盤で「龍のちんこがでかい」ことが明らかになっていたため、きっとラストシーンは「試合中には色々あったけど、最期はみんなで風呂場で龍のちんこを見てほっこりして大団円」という幸せなものになるに違いないと思っていたので、龍が高虎のチャージが原因で脚を痛めて途中退場するというオチになるとは予想外でした。
 いつか、合宿メンバーみんなで龍のちんこを拝める日が来るといいですねと思いました。

古見さんは、コミュ症です。

 これまでサンデーでちんこと言えば「キング・オブ・アイドル」のまほろでしたが、そのラインナップに「BE BLUES!」の龍と共に「古見さん」の片居くんが並ぶことになったというのが、サンデー51号における「古見さん」の感想でした。いやマジで。

 しかも片居くんのちんこは、「BE BLUES!」の龍と同じく見たものを幸せにする良いちんこであることが判明。
 龍は大きさばかりが強調されていましたが、片居くんのソレはおそらく大きさだけではなく、見たものを感動させる芸術的な美しささえ備えているものと思われます。なんと素晴らしい…(褒めてます)。

 そしてサンデー52号では、ちゃんとこちらの期待に応えて古見さんを巻き込んだ恋バナをやってくれたので、ンもう感謝しかありません。「天使とアクト」といい「古見さん」といい、少女が自分の恋を自覚する瞬間というのは実に美しいですね…。

初恋ゾンビ

 「指宿くんがややこしい恋愛をしている真っ最中である」という本質を見抜いている席田が登場したことで、より指宿を巡る物語が複雑化しつつある「初恋ゾンビ」。

 サンデー52号では、『イヴが失恋ゾンビ化する』という、ある意味ショッキングな展開が繰り広げられました。実際、イヴが失恋ゾンビ化する展開を目の当たりにしたことで、自分が「『初恋ゾンビ』の設定上はあり得るかもしれないけど、まさかイヴが失恋ソンビ化するとは微塵も思っていなかった」ことを自覚させられ、そういう意味でも意表を突かれました。
 「タロちゃん見てるとムカムカしてくる」「だからタロちゃんモテないんだよ!?」って台詞が、彼女の口から出て来るのはキツイです。面白いけど(ひどい)。

 タロウが江火野と指宿くんのイチャイチャを見て嫉妬の念を抱くのは、タロウが江火野に嫉妬しているというよりは、タロウが指宿との関係をはっきりさせないで現状維持を選んだ結果として「指宿が江火野と仲良くなる」という自分が意図していない関係が発生することに対して嫉妬というのもあるのかなと思いました。
 イヴの「タロちゃん見てるとムカムカしてくる」というイヴの台詞は、指宿との関係をはっきりさせないことを選んだ今のタロウの状況に対する憤りの意味もあるのかも知れませんね。

 それはそれとして、江火野さんにキュンとする指宿くんって、何かこうショタっぽくないですかね? 指宿×江火野のカップリングは「百合」というよりはむしろ「おねショタ」なのでは? というのが、ここのところの「初恋ゾンビ」に対する感想です。

シノビノ

 文字通り己を燃やしながら己の大義に突き進む吉田松陰の魅力が大爆発している、ここ最近の「シノビノ」。

 吉田松陰が「武士道とは死ぬことと見つけたり」「正気にては大業ならず」という葉隠的な思想を持っていたことは史実らしいのですが、このマンガではそれを極限までエクストリームさせることで「自分の頭が燃えているにも関わらず、それを意に介さずに野望の実現に突き進もうとする」彼の内なる狂気を表現することに成功していたと思います。
 ホントこの作品は、出て来るキャラクターがみんなどこか突き抜けていて素晴らしいです。

舞妓さんちのまかないさん

 サンデー52号では、すーちゃんこと百はなの「姉」である百子さん姉さんが繰り出す、まるでキヨを試すかのようなテストめいた会話に対し、それを全く意に介さずに極めてナチュラルに応対した大物っぷりが素晴らしかったキヨちゃんですが、それ以上に冒頭に出てきたキヨちゃんの生足が良かったですね…まさかこのマンガであんなエッチな脚を拝めるなんて…(ダメな感想)

舞妓さんちのまかないさん(3) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-09-29)
売り上げランキング: 4,303

3巻表紙のキヨちゃんの太もも最高じゃね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代における乙女の恋のバイブルと銘打ちたい サンデー47号以降の「初恋ゾンビ」雑感

初恋ゾンビ

 お久しぶりです(挨拶)。
 Twitter にツィートしていた、ここ最近の「初恋ゾンビ」の感想をまとめてみました。

サンデー47号(第98話)

 前回の「指宿くん、キミは女の子なんじゃないか?」とタロウが指宿くんに問いかけるという、このマンガ始まって以来の最重要イベントに対するアンサー回。

 結果的に、タロウが自分の質問を途中で「変なこと言った。忘れて」とキャンセルし、指宿くんも「タロウ、ボクは男だ」と回答したために表面上はうやむやになって終了したことにはなっていますが、実際には指宿くんはタロウが自分の正体を見抜いてくれたことに喜びを感じて「ボクは女だ」と言う寸前まで行っていましたし、イヴがまるで初恋成就したかのような輝きを見せていたことからして、もしタロウがあそこでキャンセルさえしなければ、そのままタロウの初恋はそこで成就し、指宿くんと再び恋人となり、そして結果的にイヴは初恋成就の光の中で消失していたものと思われます。

 タロウが自分の質問をキャンセルした理由は、勿論「もし指宿くんが本当に自分の初恋の人だったら、それはイヴとの別離を意味することに気づいてしまった」からでしょう。タロウはイヴと一生を添い遂げる覚悟を以前に決めているのですが、もし指宿くんと一緒になってかつての初恋を取り戻したりしたら、「理想の恋人」であるイヴは消滅して永遠の眠りについてしまうものと思われます。
 タロウはまだ、この問題に対して結論を出してはいません。

 なので、この物語の今度は、タロウが幻影の恋人であるイヴとの関係を最終的にどうするのかに焦点が移った感じがします。彼がイヴとの関係に結論を出さない限り、彼は指宿くんも江火野さんも選べないのではないのでしょうか。

サンデー48号〜49号(99〜100話)

 メインストーリーは「彼氏がいる天草さんに惚れたクラスメートから発生した初恋ゾンビ」が発生したので対処する必要性が生じた──という展開ですが、それ以上に江火野がタロウと指宿の(初恋ゾンビの対処を巡って協議している)不自然な姿に疑問を持ち始めた点が重要な意味を持っています。

 江火野は既に指宿くんの正体が「女」であることを知っており、かつ既に彼女は自分がタロウのことを好きであることに気づいてしまっているので、指宿とタロウが既に男女の仲になってしまっているのでは? と訝しんでしまうことは致し方ないと言えます。今後の展開次第では、江火野も初恋ゾンビの秘密を共有する仲間になる可能性が出て来たのかも知れません。
 しかし仮にそうなった場合、江火野はタロウがイヴという「理想の恋人の初恋ゾンビ」を常時連れ回していること、そして指宿がタロウの初恋の相手であり、相思相愛であったこと知ることにもなる訳であり、それはタロウへの自分の気持ちに気付いた今の彼女にはちょっと酷なのでは? という気がします。

 そして今回の初恋ゾンビキャリアである席田君ですが、天草さんの履いてるタイツのランガードまできっちり描写できているところが、タイツフェチ的に好感度高いです。元祖着衣フェチの人吉君が心折れて脱落してしまった今、新たな妄想フェチ要員としての期待が高まります。

サンデー50号(101話)

 江火野さんの弟になっておっぱいに激突したい人生でした(感想)。

 この回は、タロウに電話したいのにドキドキしてできない江火野さんがとてつもなく可愛い回として記憶されるでしょう。「あたし、別の生き物になっちゃったみたい」なんて乙女チックな台詞が彼女の口から聞けるだなんて感動モノです。恋はここまで人を変えてしまうものなんですよ! 現代における200万乙女の恋のバイブルは「初恋ゾンビ」で決まりですよ!(何)

 あとはそのタロウも、江火野に電話しようかと思ったけど「あいつと話すの最近、ちょっと緊張する」と躊躇して止めてしまっているのもポイント。彼の中での江火野は、初恋ゾンビ絡みのことは普通に話せる指宿くんとは位置付けが違うことを、彼も何となくは意識しているように思えます。
 それがいわゆる「恋」に近いものであることまで気付いているかどうかは判りませんが。

 勿論、「やっとタロウと電話できた」と真っ赤になる指宿くんもカワイイです(感想)。

初恋ゾンビ(9) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-10-27)
売り上げランキング: 992

江火野さんのキャラクター性を大きく変えた文化祭編が収録された巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 258