現代における乙女の恋のバイブルと銘打ちたい サンデー47号以降の「初恋ゾンビ」雑感

初恋ゾンビ

 お久しぶりです(挨拶)。
 Twitter にツィートしていた、ここ最近の「初恋ゾンビ」の感想をまとめてみました。

サンデー47号(第98話)

 前回の「指宿くん、キミは女の子なんじゃないか?」とタロウが指宿くんに問いかけるという、このマンガ始まって以来の最重要イベントに対するアンサー回。

 結果的に、タロウが自分の質問を途中で「変なこと言った。忘れて」とキャンセルし、指宿くんも「タロウ、ボクは男だ」と回答したために表面上はうやむやになって終了したことにはなっていますが、実際には指宿くんはタロウが自分の正体を見抜いてくれたことに喜びを感じて「ボクは女だ」と言う寸前まで行っていましたし、イヴがまるで初恋成就したかのような輝きを見せていたことからして、もしタロウがあそこでキャンセルさえしなければ、そのままタロウの初恋はそこで成就し、指宿くんと再び恋人となり、そして結果的にイヴは初恋成就の光の中で消失していたものと思われます。

 タロウが自分の質問をキャンセルした理由は、勿論「もし指宿くんが本当に自分の初恋の人だったら、それはイヴとの別離を意味することに気づいてしまった」からでしょう。タロウはイヴと一生を添い遂げる覚悟を以前に決めているのですが、もし指宿くんと一緒になってかつての初恋を取り戻したりしたら、「理想の恋人」であるイヴは消滅して永遠の眠りについてしまうものと思われます。
 タロウはまだ、この問題に対して結論を出してはいません。

 なので、この物語の今度は、タロウが幻影の恋人であるイヴとの関係を最終的にどうするのかに焦点が移った感じがします。彼がイヴとの関係に結論を出さない限り、彼は指宿くんも江火野さんも選べないのではないのでしょうか。

サンデー48号〜49号(99〜100話)

 メインストーリーは「彼氏がいる天草さんに惚れたクラスメートから発生した初恋ゾンビ」が発生したので対処する必要性が生じた──という展開ですが、それ以上に江火野がタロウと指宿の(初恋ゾンビの対処を巡って協議している)不自然な姿に疑問を持ち始めた点が重要な意味を持っています。

 江火野は既に指宿くんの正体が「女」であることを知っており、かつ既に彼女は自分がタロウのことを好きであることに気づいてしまっているので、指宿とタロウが既に男女の仲になってしまっているのでは? と訝しんでしまうことは致し方ないと言えます。今後の展開次第では、江火野も初恋ゾンビの秘密を共有する仲間になる可能性が出て来たのかも知れません。
 しかし仮にそうなった場合、江火野はタロウがイヴという「理想の恋人の初恋ゾンビ」を常時連れ回していること、そして指宿がタロウの初恋の相手であり、相思相愛であったこと知ることにもなる訳であり、それはタロウへの自分の気持ちに気付いた今の彼女にはちょっと酷なのでは? という気がします。

 そして今回の初恋ゾンビキャリアである席田君ですが、天草さんの履いてるタイツのランガードまできっちり描写できているところが、タイツフェチ的に好感度高いです。元祖着衣フェチの人吉君が心折れて脱落してしまった今、新たな妄想フェチ要員としての期待が高まります。

サンデー50号(101話)

 江火野さんの弟になっておっぱいに激突したい人生でした(感想)。

 この回は、タロウに電話したいのにドキドキしてできない江火野さんがとてつもなく可愛い回として記憶されるでしょう。「あたし、別の生き物になっちゃったみたい」なんて乙女チックな台詞が彼女の口から聞けるだなんて感動モノです。恋はここまで人を変えてしまうものなんですよ! 現代における200万乙女の恋のバイブルは「初恋ゾンビ」で決まりですよ!(何)

 あとはそのタロウも、江火野に電話しようかと思ったけど「あいつと話すの最近、ちょっと緊張する」と躊躇して止めてしまっているのもポイント。彼の中での江火野は、初恋ゾンビ絡みのことは普通に話せる指宿くんとは位置付けが違うことを、彼も何となくは意識しているように思えます。
 それがいわゆる「恋」に近いものであることまで気付いているかどうかは判りませんが。

 勿論、「やっとタロウと電話できた」と真っ赤になる指宿くんもカワイイです(感想)。

初恋ゾンビ(9) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-10-27)
売り上げランキング: 992

江火野さんのキャラクター性を大きく変えた文化祭編が収録された巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じじショタカップリング爆誕記念 サンデー48号「シノビノ」感想

シノビノ

 甚三郎が藤堂平助と邂逅の回。
 藤堂平助と言えば、北辰一刀流玄武館で剣を学んで後に新選組八番隊組長となり、幕末を舞台にした恋愛乙女アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」などに登場することで史実に名を残している超重要人物であるので(ゲーム脳的史観)、この作品においても今後はかなり重要なキャラクターとなることが予想されます。

 それで個人的に今回の話で興味深いというか「シノビノ」らしいなと思ったところは、まだ年端も行かない少年である平助と相対した甚三郎の心理描写でした。
 普通の少年マンガだったら平助のような少年が主人公なので、彼から見た甚三郎は「ベテランらしい老獪な戦法で翻弄して来る、主人公の前に立ちふさがる乗り越えなければならないライバル」であり、平助は若者特有のがむしゃらさと一途な想いで甚三郎を乗り越える──というストーリーになると思うのですが、しかしこの作品の主人公はあくまで沢村甚三郎58歳なので、平助を見るその視点も「まだ未熟だが、その未熟さと『強くなりたい』という熱意がかつての自分を思い起こさせる」という、追憶めいたものになっていのが面白いところ。
 こういった視点を持ったキャラクターを描くことができるのも、「オッサンが主人公である」というこの作品特有の魅力なんだと、改めて思った次第です。

 そして普通のマンガとかだと、この後は甚三郎と平助が拳で語り合った結果として和解して師匠と弟子みたいなコンビになったりするものなのですが、このマンガは御存知の通り普通のマンガではなく任務遂行を第一とするストイックな忍者マンガであり、甚三郎にとって現時点での平助は(過去の自分を思い起こさせる前途有望な若者だったとしても)「任務を邪魔するクソガキ」に過ぎないので、任務の邪魔をするなら平助であろうが普通に殺すでしょう。実際今回は殺そうとしてましたしね。

 ただ平助は、現段階では吉田松陰に思想的な共感を持っているわけではなく、単に「松蔭先生に着いていけば面白いことが起こる」程度の認識しか持っていないようなので、平助が「松蔭先生よりも甚三郎に付いた方がもっと面白い」と考えれば、割とあっけなく寝返りそうではあります。今回の話でも甚三郎と意気投合できそうな雰囲気は醸し出していましたしね。
 そういった意味においても、平助の存在は今後このマンガの展開に大きな影響を与えるに違いないと思います。その前に甚三郎に殺されなければですが。

 あと平助と言えば、甚三郎とやり合う前はミランダと戦ってましたが、本気で殺し合うミランダと平助ってある意味おねショタな関係なんじゃね? とか思いましたがどうか(まちがい)。

シノビノ(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-10-27)
売り上げランキング: 3,139

電子書籍版も発売。2巻は12月に出る模様です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指宿くん!キミは女! サンデー46号「初恋ゾンビ」感想

初恋ゾンビ

 「指宿くん、キミは女の子なんじゃないか?
 タロウがついに指宿くんの秘密に気付いてしまったのでは!? という衝撃的なラストが衝撃的だった今回。

 ただ、この回の指宿くんを改めて読み直してみると、脚をくじいたタロウを背負おうとして華奢な背中を晒したり、タロウに優しく接して介抱しようとしたり、弁当を自分が作ったことを恥ずかしげに告白したり、タロウとイヴがキスしたことを知って嫉妬したり、そしてイヴとキスしても自分との過去のことを思い出さなかったタロウに対して悲しげに微笑んでみたりと、徹頭徹尾「女の子っぽい」描写がなされていることに気が付きます。

 この指宿くんの女の子っぽい描写のされ方が、物語の一番最後でタロウが「キミは女の子なんじゃないか?」と言い出すための伏線になっていたというか、タロウが指宿くんのことを女の子であると思ったことに対して読者に説得力を持たせる効果があったのではないかと考えられます。

 次回で指宿くんがタロウに対してどう答えたとしても、タロウが指宿くんのことを「初恋の女の子」だと思ったことはもう変えられようがなく、指宿くんとタロウの関係もまた新しい局面へと変化して行くに違いないでしょう。
 この二人の奇妙な関係は、いったい最終的に何処にたどり着くのか。ホントにこのマンガ奥が深いと思いました。

現在Amazletが使えなくなっているみたいなのでAmazon公式ツールを貼りました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 257