あの頃の夜歩きの感覚を思い出させてくれたサンデー39号「よふかしのうた」感想

よふかしのうた

 お久しぶりです。
 サンデー39号から連載が開始されたコトヤマ先生の「よふかしのうた」が大変良かったので、気持ちを書いておこうと思います。

「よふかしのうた」第一話より

 読んでいる間の感想は「なんかエロい」。中学生男子が夜中に一人でフラフラ歩いている時に遭遇したお姉さんと一夜を共にすることになる、というシチュエーションは、この歳になっても読んでてドキドキします。

 更に、そこに至るまでに主人公の中学生男子の如何にも世界が狭い中学生らしい悩みが語られたり、そんな悩みを聞いたお姉さんが悩みから開放する通過儀礼(酔っ払ったオッサンとハイタッチ)を仕掛けて彼に心境の変化が訪れたりといったシークエンスがあったためか、読んでいる自分の心境も次第に中学生男子のマインドセットに変化。

 いざお姉さんがエッチな格好になって同じ布団で寝る段階まで話が進んだ時は、「もしかしたら、このお姉さんとデキちゃうんじゃないか」という淡い期待とそこで待ち受ける未知の体験への不安で、ちょうドキドキしてしまいました。思春期特有の性へのトキメキを思い出させて頂きましたよ。ありがとうございます(何となく)。

 あともう一つ感じたのは、歳を取ってすっかり忘れていた「夜の町を歩く時の開放感」を久しぶりに思い出したことですね。
 自分が思春期を過ごした土地は「よふかしのうた」の舞台のような団地のある街ではなく、周囲は田んぼだらけで夜まで開いているコンビニもなく、目立つものは自販機くらいしかなかったのですが、それでも夜に自由気ままにフラフラ歩きながら色々と妄想を巡らせたり、将来の夢をあれこれ考えたりするのは大好きでしたね。久しく忘れていたあの頃の感覚を、「よふかしのうた」は思い出させてくれました。
 今は毎日夜遅くまで仕事をするのが常態なオッサンになってしまったのですが、せめて夜に街を歩く時は、昔のように自由気ままに考えを巡らせてフラフラできる心の余裕を取り戻して行きたいなと思いました。

 そういった意味で、「よふかしのうた」は自分のこれからの新しい生きがいの一つになってくれそうな気がします。いやマジで。

だがしかし 11 (11) (少年サンデーコミックス)
コトヤマ
小学館 (2018-05-18)
売り上げランキング: 38,880

今回はだがしかし」よりもラブコメディに強く主眼が置かれたものになりそう。そういった意味でも期待

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミックマーケット96 椎名高志作品関連サークル

※作品名が書かれていないサークルは、「絶対可憐チルドレン」「THE UNLIMITED -兵部京介-」の二次創作です。

8/10(土)
コミックマーケット 96 カタログ【冊子版】
コミケット (2019-07-15)
売り上げランキング: 732

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコメで主人公を射止めるヒロインは、そのマンガで一番いやらしい子である。「初恋ゾンビ」感想

 お久しぶりです(´・ω・`)

 ここしばらくサイト更新を怠っていたことから察して頂けると思いますが、色々あってリアルタイムで感想を書くのが相当辛い感じなので、しばらくはここの更新を休んでいる間にサンデーでの連載が終わってしまった作品について、思い出せることを時間ができたときに書いていきたいと思います。
 今回は「初恋ゾンビ」について。


初恋ゾンビ
初恋ゾンビという作品の到達点

 サンデー2019年17号で大団円。すでにコミックス最終巻となる17巻が発売されています。
 最終巻ではタロウと指宿くんの将来をはじめとしたレギュラーキャラのその後の姿が(ちょっとだけ)描かれており、特にタロウの姉の一姫がいつの間にかものすごい玉の輿を成功させている様子を拝むことができるので、タロウの姉が好きな人は要チェックです。

 最終巻の見どころは、逃げる指宿くんを如何にタロウが口説くのかという点だったのですが、「タロウの完璧な理想であるイヴの魅力には自分は勝てない」と思い込んでいる指宿くんに対して、パーティーの夜に偶然遭遇したドレス姿の指宿くんを「イヴに出会ってからあの瞬間が1番きれいだと思った」と語り、そこから指宿くんの存在がタロウの想像する理想を遥かに超える魅力を持っていることを力説、そして指宿くんをもっと知るために「もう一度君と恋がしたい」と持っていく流れが素晴らしかったですね。

 この二人はお互い初恋だったのですが、結局初恋らしいことはお互い全くしていないのだから、「初恋をやり直そう」という告白は極めて正しい選択であり、そしてこの「初恋ゾンビ」という作品で描かれた物語そのものがこの二人の初恋をやり直すために必要なプロセスだったんだと納得することができました。そういった意味でも、とてもキレイに終われた幸せな作品だったのではないかと思います。

 そして「初恋ゾンビ」連載終了後、「コミスペ!」というコミックレビューメディアに掲載された峰浪先生へのインタビュー記事を読みました。
 「初恋ゾンビ」に対する理解が深まるとても有意義な記事でたいへんに面白かったのですが、個人的に特に興味深かったのが、峰浪先生が「(指宿くんが)1番いやらしい子だったかもしれませんね」と仰っているところです。

 この記事によれば、指宿くんは元々は作者の男装フェチズムが生み出したボーイッシュなキャラだったそうなのですが、初恋の相手であるタロウと再開して初恋をやり直すことになったことでどんどん「女の子」な側面が見えてきて乙女チックな方向にキャラが加速、最終的には性の匂いが漂うシーンになると激しく動揺しながらも内心ではエッチなソレに期待してしまうという、非常にいやらしい子に成長してしまいました。
 このインタビューにも出てきますが、コミックス16巻のお泊り回でタロウからのキスを待つ指宿くんのエロさには特筆するべきものがあります。

 でも、そんなエロ妄想に悶えて悶々としている指宿くんの姿から、タロウは彼女の内なる魅力を見出して惹かれていった訳であり、指宿くんがいやらしい子であったからこそ二人の初恋はキレイな形で成就することができたのだ! とも言えるのではないのでしょうか。

 美少女わんさかラブコメマンガで主人公の男子を射止めるヒロインは、そのマンガで一番いやらしい子でなければならない。納得の結論です。

初恋ゾンビ(17) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2019-06-18)
売り上げランキング: 15,635

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 269