キレる桜庭はとても愛おしい サンデー27号「BE BLUES!」感想

BE BLUES!

 個人的に「BE BLUES!」の高校生編とは、桜庭さんが大活躍して「武蒼のメッシ」の異名で呼ばれるようになるまでの物語であると固く信じているのですが、そこに至るまでの道は極めて厳しいものになるであろうことも確かです。

 彼の行路が厳しくなるであろう最大の理由は、桜庭さんが極めてワガママでキレやすい尊大な性格の持ち主であることに起因しているのですが、しかしワガママでキレやすい尊大な性格だからこそ彼は唯我独尊のストライカーとして成功できているとも言える訳で、この二律背反をどう克服するかという点が、桜庭というキャラクターの物語を語る上での大きなポイントであることは間違いありません。

 という前提を踏まえた上でサンデー27号の「BE BLUES!」なのですが、選手権決勝でライバルである龍が決勝ゴールを決める大活躍したことで桜庭の鬱憤が積もって大爆発する様子を一話を通じて丹念に描いた、桜庭さんのキレ芸を堪能するための回だったという感想を持ちました。

 自分が抜けなかった聖和台の真鍋のディフェンスを龍が抜いたのは自分に対するあてつけに違いないと思い込み、自分よりも格下だと思っていた龍が試合で活躍する様子を間近で見て余計に苛立ち、トイレで鏡を殴って「調子に乗るんじゃねえぞ!」と怒りを爆発させる。勿論、試合中に龍にパスは絶対出さない。
 これらの行動は、全て「龍はいつの間にか自分よりも成長していた」という現実を受け入れることを桜庭が全力で拒否していることを表現しているのは明らかです。いいですね! このひねくれた姿こそが、みんなが大好きな桜庭さんなんですよね!(ひねくれた好意)

 実際にはミルコが桜庭に対して言った「人を認めても、君自身を否定することにはならんのだよ」という言葉の通り、龍の今の実力を素直に認めた上で、龍を活かしつつ自分がもっと活躍できる戦術を取れるようになるのがベストなのですが、しかしそれが簡単にできない性格だからこそ、桜庭というキャラクターにはドラマが生まれるのです。
 このマンガの舞台はこれから高校選手権の全国大会に移って行きますが、龍に先に行かれた桜庭がこれからどのような形で龍に追いつこうとするのかというのが、今後の大きな物語のテーマになるのではないか。そんなことを期待させる回だったと思いました。

 そして今回の結論としては、ラストで「認めて…たまるか」と呟きながら茹で卵を食べる桜庭はものすごく可愛かったです。

BE BLUES!~青になれ~(27) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-06-02)
売り上げランキング: 96

選手権決勝序盤の桜庭の勇姿が拝める27巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勃起は生理現象であり性的興奮とは無関係に発生することもある(解説) サンデー26号「キング・オブ・アイドル」感想

キング・オブ・アイドル

 若木先生がついにやりやがったー!(感想)

 サンデー24号から連載が始まった「キング・オブ・アイドル」は、「とある事情でガールズアイドルの頂点を目指している男の子が主人公」という、ちょっと捻ってるけどよくあるタイプの正統派王道アイドルマンガでした。第二話までは(過去形)。

 しかし第三話では、「男の子が女装してガールズアイドルの世界で頑張ろうとする」という設定に加え、「その男の子は、歌を歌うと何故かおちんちんが勃起してしまう」という新しい要素をぶち込んできました。
 歌を歌うとおちんちんが勃起。ガールズアイドルなのに歌を歌うとおちんちんが勃起。女装した男の子がガールズアイドルとして全力で歌唱するとおちんちんが勃起ですよ。何この設定! すごいな!(勿論褒めてます)
 この設定を持ち込んだことで、このマンガは「正統派王道アイドルマンガ」の領域を超え、「歌うとおちんちんが勃起してしまうガールズアイドルマンガ」という全く新しいジャンルに踏み込んだと言えるでしょう。

 性別を偽って異性が支配する異世界に侵入する系統の作品は、「自分の性別を決して見破られてはならない」という秘密、そして「本当の性別が世界にバレたらどうしよう」という葛藤を主人公が常に抱えているところが物語の根幹になる訳なのですが、この「キング・オブ・アイドル」の場合、皆の前で歌って踊るのが仕事の『アイドル』を題材にしているのにも関わらず、主人公が皆の前で歌って踊るとおちんちんが勃起してしまうので自分の正体がバレてしまうという矛盾を抱えた、作品のテーマの根幹を揺るがすレベルの問題を最初から内包していることになります。
 今考えれば、既に第一話でもまほろは「歌が終わるとすぐにステージから脱走して行方不明になる」ことでこの問題を回避しようとしていたんですが、でも今後はこのような逃げができるはずもありません。実際、この作品はこれからこのどうしようもない問題をどうやって解決していくつもりなんでしょうか。

 それより何より、「歌を歌うとおちんちんが勃起する女装アイドルが主人公」なんて設定を思いつくのは勿論のこと、それを基軸にしたマンガを週刊少年マンガ誌で連載しようとすることそのものが大冒険であるように思えてなりません。そういう意味で、このマンガは本当にすごいな! と感動した次第です。
 この設定だけでも、先生がこの作品に賭ける狂気めいた本気っぷりが伺えるというもの。若木民喜先生は本当にすごい作家だと思います。

 あと地味にエロいなと思ったのが、そんな主人公のまほろと同室になってしまった瀬奈が、まほろのアイドルとしての「声」を聞く度にビクンビクンと感じてしまっているところですね。
 瀬奈がここまでまほろの声に敏感なのは、 「彼女にとってまほろの声は、彼女が憧れている伝説のアイドルであるまほろの母と同じものであり、彼女が何よりも欲しているものだから」という理由があり、それ故にまほろの魅力に瀬奈は逆らうことができません。今はまだ頑張ってツンツンしている瀬奈ですけど、何だかんだで真面目で純粋、そしてアイドルとしての才能に溢れ、「アイドルになって母親と再開する」夢と希望に向かって頑張っているまほろにメロメロになるのは、おそらく時間の問題なのではないのでしょうか。

 男子禁制の女子寮で同室になった男子。彼の秘密を知っているのは彼女だけ。そして彼は、事ある毎におちんちんが勃起してしまう。彼の秘密を彼女が守るためには、頻発する彼の勃起を鎮める必要がある。
 …あとは判りますよね? 妄想が滾りますよね?

 今のところの結論としては、「キング・オブ・アイドル」がこの調子で大人気連載作品となり、今から約3年後の2020年頃にアニメ化され、その結果色々と妄想を滾らせた薄い本が供給されるようになるのではないか? というところです。東京オリンピックの年は、きっと「キング・オブ・アイドル」の年になるよ!(真顔で)

神のみぞ知るセカイ(15) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-10-25)
売り上げランキング: 39,704

若木民喜先生作品で女装といえば、「神ねーさま」の異名を取った女装桂馬も外せません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンデー25号 新連載陣感想まとめ

隕石少女 ―メテオガール―

 「空から人間じゃない女の子が降って来る」という全人類男子憧れのシチュエーションを、「空から人間じゃない女の子がひっきりなしに降って来る。でも、その女の子に当たると死ぬ」という捻った形にアレンジした、終末感あふれる社会を舞台にした作品。

 当たると死ぬような物体(以下「MG」)が日常的に落ちてくる異常な世界が舞台なのにも関わらず、そこで暮らす人々はみんなそんな日常に慣れてしまって危機感が薄れ、逆にMG対策グッズを持ち歩いていることがダサいとみなされてしまっているところが、「まあでも、そういうもんだよなあ」という気持ちにさせられます。
 作品内に出てくるMG接近の警告を知らせるスマートフォンのアラーム音は、かつて東日本大震災の時に頻繁に携帯電話から鳴り響いていた緊急地震速報を連想させるに十分ですが、それに対して既に我々の感覚が鈍ってしまっている点も含め、この作品は現代日本に住む我々のメタファーとして描く社会派なマンガとなる素質は十分あると思いました。

 そういえばまだ頻繁に地震が起こっていた当時、うどん屋に入った直後に緊急地震速報が鳴り響いて震度3クラスの地震に襲われたにも関わらず、揺れが収まった後に普通にうどんを店員に注文し、店員も普通に応じてうどんがすぐに出てきたってことがありました。店にいた他の客も、特に騒ぐこともなく淡々としてましたよ。
 あの時は「非日常が日常になるってのはこういうことなのかなあー」とぼんやり思いながらうどん食ってましたね。それを思い起こさせる第一話でした(感想?)。

第九の波濤

 「ファンタジスタ」の草場先生の新連載。
 「東京生まれ東京育ちの都会っ子の男子が、長崎で出会った釣り好きの女子に一目惚れしてしまう」という、これまでの草場先生の作品とは明らかにノリが違う話だったのでどうなることが心配だったのですが、サンデー25号において主人公が長崎の大学の水産学部に進学した結果舞台が長崎になったことで、やっぱり草場先生のマンガは九州が舞台になるんだよな! と安心しました。
 主人公はまだ「東京生まれのシティボーイ」の状態ですが、いずれは「ファンタジスタ」の轍平みたいな立派な九州男児に変化していくこと請け合いですよ。楽しみですね(そういうマンガ?)。

 舞台が水産大学ということは、このマンガは「銀の匙」や「あおさくら」と同様の、『日常とはノリが違う異常な法則が支配する大学』が舞台の職業訓練モノということになると思われます。
 現実の日本の水産業は、資源の減少や漁業従事者の減少など色々と問題を抱えていると言われる業界なのですが、「第九の波濤」はそれに対する光明を示すことを究極の目標とした社会派のマンガとなれるのでしょうか(そういうマンガ?)。

妖怪ギガ

 みんな大好き日本妖怪を題材に、これまでのソレ系の話とはちょっと違う解釈を加えた小話集として連載が始まった「妖怪ギガ」。
 テーマが妖怪であることに加えて、絵柄がクラシカルというか(今っぽい「妖怪ウォッチ」とかと比べて)やや劇画チックな正統派の妖怪絵巻なので、内容的にはちょっと少年誌っぽくないというか、むしろビックコミック系に載っていても不思議じゃないように思えるのですが、今の懐の広さをアピールして行きたい少年サンデーならこういうマンガも許容範囲ですよ! ということなのでしょう。

 作品の雰囲気は、基本的に妖怪が人間のアレっぷりに困ってしまうようなユーモアな方向に振られていて楽しく読めるのですが、時々サンデー25号の「絡新婦(女郎蜘蛛)」のような、妖怪を通じて人間の本性をさらけ出すような怖い話を振って来るので、ゆめゆめ油断はできない作品だなと思ってます。やっぱり1番怖いのは人間ッスよねー

週刊少年サンデー 2017年25号(2017年5月17日発売) [雑誌]

個人的に今のサンデーの看板マンガは「舞妓さんちのまかないさん」なのではと思い始めている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 251