もう幼馴染のままではいられない サンデー34~35号「初恋ゾンビ」感想

初恋ゾンビ

 「初恋ゾンビ」の江比野さんに対しては、常々「もし彼女が覚悟を決めて自分の恋心に正直になってタロウにアプローチし始めたら、ンもう大変なことになるんじゃないか?」と個人的に思っていたのですが、ついにその懸念(懸念?)が現実のものとなって来たように思えます。

 現在の学園祭の「ロミオとジュリエット」編は、江比野が自分のタロウへの感情が何であるかを自覚し、自分の感情に素直になって行く過程を描いたものであると言えます。34号の「あたしは、タロウのロミオとこのシーンがしたかった」という彼女の台詞は、自分がタロウの事を好きで、タロウにもそれを判ってほしいと思っていることを表現した、今の彼女ができる精一杯の告白だったと思われます。
 江比野はこれまでの「恋愛には興味がない」と公言するキャラクターを脱し、タロウとの「ただの幼馴染」の関係から抜け出すべく、自ら一歩を踏み出したのです。

 それに続く35号は、それを受けたタロウが「ロミオとジュリエット」の劇でジュリエット江比野の相手役としてロミオとして登場し、劇中で恋を語り合う台詞の応酬を全うすることで、江比野の気持ちをキチンと受け止めるという意思表示をしました。タロウはこの行動がこれまでの「幼馴染」の関係を崩すことになることを承知の上で、江比野の前に立ったものと思われます。
 タロウは本来「恋愛はエネルギーの無駄」と公言する、自己保身を第一とする性格のボンクラなキャラクターだったのですが、江比野の気持ちを理解した上で、それを受け止められる甲斐性を発揮できる男に成長していたことを示す意味でも、今回は非常に重要なエピソードであったとも言えます。

 タロウはその童貞純潔を「初恋ゾンビ」であるイヴに捧げることを決めており、その決意は今も彼の中では揺るいでいないとは思うのですが、江比野と劇中で恋を語り合っている間はイヴが眠っていた=初恋のことを忘れていたことを考えると、タロウの気持ちも江比野に揺らぎつつあることは間違いないでしょう。

 35号の最後ではついに江比野が指宿くんが実は指宿ちゃんであることを知ってしまいましたが、これによって物語はこれから確実に大きく動き出すことになるでしょう。
 「幼馴染」というこれまでの自分への枷を外し、タロウへの想いに素直になることができた江比野さんに対し、未だにタロウに対してジェンダーを偽っている指宿くん。指宿くんも今のままではいられないことは確実の有様であり、いよいよ指宿くんがタロウの前で指宿ちゃんに戻れるかどうかが物語の焦点になる時がやってきたのかも知れません。これからの展開が本当に楽しみです。

 そして人吉君ですが、彼には着衣妄想フェチの達人として一目置いていただけに、今回のヘタレっぷりには心底ガッカリですよ(感想)。

初恋ゾンビ(8) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-07-28)
売り上げランキング: 215

指宿の心理に大きな変化があった田舎編が収録されたコミックス8巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シノビノ」はおっさん萌えマンガ説 サンデー33~34号「シノビノ」感想

シノビノ

 幕末を舞台にした忍者アクションと言うと、アイレムの「最後の忍道」を思い浮かべる人?(おっさんゲーマー向け挨拶)

 サンデー33号より、「少年サンデーに史上最高齢主人公見参!」のキャッチコピーと共に連載が開始された「シノビノ」。作者は、かつて「THE UNLIMITED 兵部京介」のコミカライズ版を手掛けた大柿ロクロウ先生。

 作品としては、幕末の時代に実在し、ペリー艦隊に忍び込んで隠密活動を行ったことで知られる沢村甚三郎を主人公にした、硬派かつ破天荒な歴史アクションコミック──という体を取ってはいますが、その実態は、時にカッコ良かったり時に可愛かったりする主人公の甚三郎さん58歳の一挙手一投足に我々読者が萌えまくるという趣旨の、おっさん萌えマンガであると思われます。

 この沢村甚三郎というおっさん、「忍びにとっての華は、たとえどんな偉業を成し遂げようが名を残さず闇に消える…それこそが華なのさ」という台詞が象徴しているように、基本的にはハードボイルドな性格で、最期の忍者としての誇りを持っており、任務のために必要とあらば躊躇なく人をバッサバッサと殺していく冷徹さをも持ち合わせている真っ当な暗殺者なんですけど、その一方で任務が絡まない日常パートではヨダレを垂らして寝ていたり、キセルを加えてボケていたり、隠密に狙われていると感づいた時に身代わりとしてクマを布団に寝かせておくなどのお茶目な一面も持ち合わせているところがカワイイと思います。いやマジで。

 また、シリアスな人殺しの真っ最中に腰が痛くなって息が上がってしまうところも、58歳という年齢を感じさせて実に良いです。忍者としての凛々しさと好々爺的な愛され要素のバランスが絶妙で、おっさん萌えキャラとしてのポテンシャルの高さを第二話にして早くも伺わせていると言えましょう。

 あとこのマンガ、第二話までの段階ではモブキャラ以外では一切女性キャラが登場しておらず(甚三郎の死別した妻の名前は出てきますが)、第一話の扉絵に描かれた今後登場するであろう主要キャラクターにも女性キャラがいないなど、サンデーでは異例とも言える女っ気が全然ない作品なんですが、主人公の甚三郎がおっさんなのにも関わらず十分にカワイイためか、全くそれが気になりませんでした。むしろ甚三郎がヒロインなのでは? と思えるくらいです。

 現在のサンデーには既に、天正遣欧少年使節団を題材にした歴史コミックと思わせておきながら、実際にはけなげ・いたいけ・はかなげな要素を持ち合わせた美少年達の振る舞いに読者が萌えることが主旨である(決めつけ)「天翔のクアドラブル」が連載されていますが、この「シノビノ」はそれに続く新たな歴史系萌えマンガとしてサンデーに投入されたに違いない! と、個人的に解釈しております。

 大柿ロクロウ先生は「THE UNLIMITED 兵部京介」でも超高齢な兵部京介をたいへんに魅力的に描いた実績がありますし、おっさんが主人公の作品を手がけることについては極めて信頼性が高い作家だと思っております。今後もまかり間違いなく面白くなるに違いない、この作品のこれからが楽しみです。

THE UNLIMITED 兵部京介(1) (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館 (2015-04-24)
売り上げランキング: 119,813

今読んでも面白いので、「絶チル」ファンの方なら是非

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すーちゃんの京言葉から垣間みえる人間性についての考察 サンデー32号「舞妓さんちのまかないさん」感想

舞妓さんちのまかないさん

 この号のサンデーの巻頭カラーページである「ホビーの楽園」において、「舞妓さんちのまかないさん」コラボで花街で働くリアルな舞妓さんに質問をぶつけるという趣旨の記事が掲載されていました。

 その記事の中で個人的に面白いなと思ったのは、『舞妓さんちのまかないさんの感想を聞かせて』という質問に対して、当の舞妓さんが『地元が訛りのある地方なので、すーちゃんたちも自分らと同じように言葉覚えるの大変やったろうなあって思いながら見てますねえ』と答えていたところ。
 京都の舞妓さんは、常に京言葉というか、現代ではあまり使われない花街独特の伝統的なコードを使うことを強いられる存在なので、舞妓となるからには言葉使いについても厳しく訓練されることは必至であると言えます。晴れて舞妓となったすーちゃんもまた、青森出身者が京言葉を喋るという地獄の試練を乗り越えて来たに違いありません(きめつけ)。

 そういった「訛り」の面から「舞妓さんちのまかないさん」を読み直してみると、「百はな」という名の舞妓になったすーちゃんはお座敷以外の場所でも常に京言葉を使っているのに対し、キヨは京言葉ではないごく普通の言葉で話していることが判ります。
 それは二人の郷里である青森に里帰りしている現在のお話でも例外ではなく、キヨの実家でキヨの祖母と話したり、二人の幼馴染である健太君と話している時でさえ、すーちゃんは終始京言葉を使っているという徹底っぷり。この辺は舞妓という職業の業というよりは、むしろストイックなまでに舞妓という存在に打ち込んでいるすーちゃんのキャラクターによるところも大きいのかも知れませんね。
 キャラクターの方言や言葉遣いという細かいところまで気を使っているのも、またこのマンガの魅力の一つなのではないかと思った次第です。

 お話の方は、キヨがすーちゃんや健太からたいへんに愛でられている様子が伺えて、とても良かったと思います。
 あと青森県における「イギリストースト」って、要するに静岡県における「のっぽパン」みたいなものなんだろうかと思いました(ローカルな話題に終始)。

舞妓さんちのまかないさん 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-07-18)
売り上げランキング: 1,226

コミックス2巻は18日発売とのこと。
このマンガは本当に素晴らしいので、サンデーの枠を超えた人気作になって欲しいです(真顔で)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 255