深夜28時放送のアニメってどれだけ低予算な番組なんだろうかと思ったサンデー52号絶チル感想

絶対可憐チルドレン

 朧さんも上手く立ち回れば「ハヤテのごとく」のマリアさんのようなポジションのキャラになれたような気もするんですけど、でももう手遅れですね。お疲れさまでした
 そして原理主義に染まったテロリスト達に真の平和とは何かを教える意味でも、ゲーマーズやとらのあなはバグダッドに支店を作り、アキバ系文化を世界に広めるべきだと思います。

 今回のエピソードの感想ですが、まず「ザ・ハウンド」の新指揮官である小鹿圭子は、新手の変態キャラだろうとは思っていたものの、先週までの段階で想定していたのとは違う方向のすごい変態だったので驚きました。実際読んでみると納得のダメさ。アホ毛を装備した宮崎どうぶつアニメフェチで、典型的な気弱でいじめられっ子的な性格、指揮官であるにも関わらず部下である明にあまりに不憫に思われてしまい面倒を見てもらっているという、確かにこれでは初音とは全く相性が合わないのも仕方がないと読者に思わせるだけの説得力のある、たいへんにダメな子でした。椎名マンガで、ここまで狙ったキャラが出てくるのって、ちょっと珍しいような気がします。
 というか、何で彼女がそもそも旧日本軍の流れを汲むバベルという軍隊組織に所属し、「一曹」なんていう軍曹相当の階級まで持っていられるのか不思議です。やはりバベルは相当な人手不足なのではないかと思われます。

 あともう一方の主役である初音は、もはや誰からも人間扱いされていないのがある意味凄いなと思いました。彼女の最初の設定は「動物の擬態をし続けていると本能を動物に支配されてしまう」というものであり、別に彼女自身の意識は人間の領域に留まっているものだったような気がするんですけど、今では「初音ちゃんは限りなく動物に近い」とサイコメトラーの紫穂から言われる始末です。
 なんかもう、喋り方といい行動といい、生物学的な意味で人間ではない「メテオド」の十威と良い勝負なレベルにまで来ているような感じです。というか、十威は徐々に社会的な意味では人間に近付いて来ているので、むしろ初音の方が退化しているのではないかと思われます。十威は大丈夫だと思いますが、初音は多分もう手遅れです。

 そして明は、親切な上に面倒見が良いので、年上の女性からモテるタイプですね。アザラシに乗り移って無自覚に愛嬌を振りまくセンスの良さといい、将来はモテモテになること必至。こっちの方でも初音は手遅れになってしまうのか。

 今週の結論:朧さんはアザラシに萌えてる場合じゃないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハチベエは変態ですサンデー52号感想

ハヤテのごとく

 1分間で全身から汗が噴き出る高温サウナに入っていたんだったら、最後のページにちょっとだけ写っていたマリアさんのパンツはあんなキレイな状態ではなく、汗で湿ってお尻にしっとりとくっついているはずなのに! エロス要員なのにも関わらず、全国のずぶ濡れフェチの皆さんの期待に添えないマリアさん!
 それに、スカートがない状態で一度転んでいるんだから、パンツはあんなキレイな状態ではなく、泥とか埃とかが付着しているはずなのに! エロス要員なのにも関わらず、全国のウェット&メッシーフェチな皆さんの期待に添えないマリアさん!
 なんという! なんという!(理不尽な突っ込みであることは自覚しています)

 でも、自らスカートを脱ぐなど、明らかにハヤテ君を誘っている行動を取っているにも関わらず、口では「パンツみたら逮捕します!」と威嚇してハヤテを混乱させ続けることに成功したマリアさんの実力は、やはり侮れません。衣装は色々な意味でデレデレなのに口ではツンツン。極めて高レベルなツンデレ行動と言えましょう。さすがはハヤテ界におけるヒエラルキー最上位キャラですね。エロス要員だけど。

クナイ伝

 第一話以来本業エピソードが出て来なかったこのマンガですが、クナイといずなの関係や伏線は全て描いた! と作者が判断したのか、ここに来て久しぶりにクナイが出陣するエピソードが登場。吸血能力を持つクナイが出撃すれば当然ヴァンパイアハンターであるいずなも出撃する訳であり、いよいよ作者がこのマンガでやりたかった形でのストーリーが始まったと思って良いでしょう。

 あといずなのバトルコスチュームですが、ヴァンパイアに首を吸われないために首を覆う防具を装備するのは格好悪いけど理にはかなっているからまあ問題ないとしても、それ以外の服の部分があんなにスケスケでいいんだろうかと思いました。スケスケヴァンパイアハンターって書くと、なんか川島よしお先生のマンガ「グルームパーティー」の登場キャラみたいですね(古い)。
 本場欧州のヴァンパイアは、腕とか腿からは血を吸わないんでしょうか。今週のクナイ君は腕に噛み付いてましたけど。

金色のガッシュ

 ブラゴはクリアとの戦いで「自分の力をガッシュにも」とか言ってたので、てっきり魔界の王の座はガッシュのものだと認めたものだとばかり思っていたのですが、どうやら改めて魔界の王決定戦をガッシュとやる気になった模様。
 最も強まった者同士が勝負を決する一番最期の戦いなのにも関わらず、「ザケル」「レイス」と最弱の基本呪文を唱えるところから入るってのは、この手のバトルのお約束というか、両方ともバトルマンガにおける作法というものをよく判っているなあと思いました。

 もっとも、ここまで来たらガッシュが魔界の王に座ることは決定事項であると思われるので、如何にブラゴがガッシュ相手に戦って散るのかに注目していきたいです。散り際に微笑まぬ者は生まれ変わらぬぞ! と、「覚悟のススメ」の散さまも言ってます。

金剛番長

 昔々「機動警察パトレイバー」がサンデーで連載されていた頃、「東京の地理が判らないので、どこで何が起こっているのか判りづらい」という読者の指摘を受け、扉絵で東京の地図を出して現在の状況を説明した話があったと記憶しているのですが、当時地方在住だった私には、それを見てもやっぱりどこで何をやっているのか判らなかったです。
 それと同じように、関東地方以外の読者は、東京23区が舞台の「金剛番長」は今どこで何が行われているのか、やっぱり判っていないのではないかと思われます。千代田区ならまだ「皇居や小学館があるところ」というところから何となく場所がイメージできるんですけど、墨田区になると「両国国技館のあるところ?」と言われても、地方の方にはいまいち場所がイメージできないのではないのでしょうか。
 「パトレイバー」が連載されていた時代ならともかく今はネットがあるので、サンデー公式サイトで「金剛番長」世界の東京23区の地勢や現在の国盗り状況を解説するページが欲しいところですね。作って下さい(勝手)。

 そして今回登場した墨田区代表「念仏番長」ですが、「喝!」を飛び道具として使うところがただ事ではないと思いました。あと、大量の坊主頭の学生が念仏唱えているところで「仏!」と書き文字を入れるセンスに惚れました。念仏番長の念仏は明らかに我々の知る念仏とは念仏が違っていますが、これはこれでマンガとして全く問題ないので、ぜひともこの調子で来週も念仏の概念を覆して頂きたい所存です。
 あと往田が金剛にお姫さま抱っこされてましたけど、きっとこれで往田は金剛に恋してしまったと思う。

マリンハンター

 イカのフィッシュハーフだと聞いていたから、きっと今回もまたグッピーがうねうね動くイカの触手ににょろんにょろんされて大変なことに! みたいな話になるかと思っていたら、その実体はただのイカのコスプレ集団でした。
 グッピーにエッチなことができない触手を持たない敵キャラは、このマンガに登場してはいけないと思います。

DIVE

 今回登場した中国飛び込みチーム「中華飛行隊」の皆さんですが、ADC大阪のライバル男子キャラに続き、再び「登場するマンガを間違えてるキャラが出てきたよ!」と思ってしまいました。格闘マンガはもっと前の方のページですよ!(ひどい)
 あと日本のオリンピック選考対象の女子の方ですが、先週知季がぶっかけた秋月湊以外の二人の扱いの適当さ加減が熱いです。水着のデザインからして、明らかにやる気が感じられません。すごい判りやすいザコキャラ扱いだなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイルドライフの放送時間枠が気になります。福原愛の「とっさの中国語」の後番?(ウソ)サンデー51号感想

結界師

 扇一郎と隅村正守は「一族の正当後継者になれなかった」という点では一致していますが、しかし一郎にはなくて正守にはあるものが存在した! それは若い正義感に燃え、自分のことを親身になって心配してくれる、正当後継者の存在! みたいな話でした。
 いやもう、今回は良守が可愛くて可愛くて仕方がありませんでした。正守から目を反らしつつ「家族…なんだから」と言うところなんか、もうニヤニヤしながら読んでました(ダメ)。こんな青春の権化が目の前に降臨して来ていたんだったら、そりゃマスターオブ年寄りな奥久尼が良守をからかって遊びたくなるのもよく判ります。
 しかしあくまで大人のスタンスを守ろうとする正守は、青春の権化の良守を奥久尼との取引の材料にする決意を固めた模様。このマンガ、更にこの兄弟の絆を試そうとするみたいです。

 結論としては、奥久尼の「ギラッ」に萌えました。奥久尼の中の人は萌えキャラ。

クナイ伝

 このマンガで一番エロいのはクナイ君であることは既にサンデー読者の間の共通認識であると思われますが、今週は正ヒロインのいずなに押し倒されて顔を赤らめるという、たいへんなエロスを披露して下さいました。どうですかこの「いきなりこんなことになっちゃってボクどうしよう! でも…いずなちゃんになら…」みたいな、恥じらいとときめきが入り交じったクナイ君の誘っているような表情は! たまらんですね!
 その辺はともかく、このマンガのコンセプトは吸血忍者本格アクションだったような気もするのですが、第一話以来クナイが変身していないので、ソッチの方は大丈夫なのかとちょっと心配になってきました。いや個人的にはクナイ君のカワイイ姿を沢山見てみたいので、この路線で全然問題ないんですけどね。いずなちゃんが入浴中のクナイ君を覗く話が早く読みたいです。

ハヤテのごとく!

 椎名先生に弁当ネタを先にやられて涙目の畑先生に対して、必死にフォローを試みる椎名先生がいじましいと思いました。なんってったって、畑先生の方が人気ありますからね! 畑先生のコアなファンをに回したくないもんね!(邪推)

 その辺はさておき、今回の高尾山遠足編は何かこう難しい話だったという感想です。何が難しかったかというと、相互にあまり関連しない三つくらいのエピソードが並列しつつ長期に渡って展開されているので、続きを読む時はそれぞれのエピソードの前回までの状態を記憶しておく必要があったという点です。マンガ読む時に頭を使いたくない私としては辛かったです(バカ)。
 あと愛歌とワタルと伊澄が何故一緒に歩いているのか理解できなかったので、前のサンデーを読み直したりしてました。彼らもハヤテのクラスメートということでいいんですよね?

 個人的には「ハヤテ」はハヤテが女装してナギがギャワーみたいなシンプルな形の方が好きなのですが、連載が長期化した結果色々と内面に抱えているキャラが増えて来て次第に群像劇っぽくなって来ているのも確かなので、どうしても難しくなってしまうのは仕方ないことなのかも知れません。畑先生のまんが家としてのストーリーマネージメント能力が問われつつあるように思えます。

金色のガッシュ!!

 最期の最後でキャンチョメが出てきて「地球の映像を軌道の反対側に写す」という大技でクリアを騙し、ガッシュが仲間達の力を結集して最強最期最終必殺奥義「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」を放ち、クリアを破壊。個人的に「スペースチャンネル5」の最終面の一番最後の展開を思い出しました(古い)。きっと対クリア戦ではこれがやりたくてここまで引っ張ってきたんだろうなと思います。
 ラスボスのクリアに関しては、ネットでも「ラスボスにしては情けない」みたいなコメントを時折見かけましたし、まあ自分もそう思っていたんですけど、考えてみれば「やさしい王様」という自分の理想のためにあれだけ苦労して頑張ってきたガッシュが、最期でクリアを倒して魔界を救えないはずがない訳であり、そのためには相対的にクリアがしょぼくなるのは致し方ないことなのかも知れません。

金剛番長

 居合番長のように「昔の日本は良かった。それに比べて今の日本は(略)」と言ってる人は現実社会にもたまにいますが、過去の日本は今と同じかそれ以上に大概な社会だったという現実を考えると、その手の考えには賛同しかねるモノがあります。
 私としては、人々が自然の美しい情景に心を震わせていたけど周囲の社会が「シグルイ」だった時代よりは、人々がケータイ小説に心を震わせる今の社会の方が全然良いです。

 本編の方は、目にも止まらぬスピードで敵を切り裂く「瞬」、あらゆる物体を破壊する「華」と、あらゆる間合いであらゆるものを破壊可能な居合番長に対して、金剛はどう立ち向かうのか? というのが今回の戦いの個人的な焦点だったのですが、その結末は「打舞流謀魔」(その実体は単なるグーパンチ)で居合番長の刀をへし折って殴り勝つという、極めて単純明快かつ判りやすいものでした。このマンガのアレっぷりは想像以上でした。
 居合番長が語った国家再生プロジェクトも含め、下手な理屈や小細工は金剛には通用しないぜ! ということなんでしょう。

 あと「打舞流謀魔」を見て、もし彼が番長組織に存在していたら金剛は「げんこつ番長」呼ばわりされていたんだろうなと思いました。怪人げんこつ番長。

魔王

 明らかに頭がおかしい新キャラの女子・スズメバチが出てきて、俄然盛り上がってきたよ!(性的な意味で)

 グラスホッパーから政敵扱いされているアンダーソングループですが、個人的には彼らは単にセンスが悪いだけの外資系企業であり、社長のアレっぷりを見る限りではなんかそのうち事業に失敗してこの街から撤退を余儀なくされそうな雰囲気を醸しているので、そこまで毛嫌いしなくてもいいじゃん? とか思ってしまうのですが、こう思うのは私が心を失くした大人になってしまったからなのでしょうか。

DIVE!!

 こっちも「クナイ伝」みたいに、知節が女の子に押し倒された上にぶっかけられたらもっとエロかったんですけどね(ダメ感想)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
1 246 247 248 249 250 251